2021年7月 6日 (火)

「出逢い・感謝 ボクシングのおかげで」

6月11日卓話要旨
JBC試合役員会会長・レフリー  吉田 和敏 氏
(東京足立ロータリークラブ)

2021611
   本日はお招きありがとうございます。伝統ある格調高い東京神田RCで自分の思いを伝えられる場を頂き本当に幸せです。レフリーの服装で参りましたが、正確には少し違います。まずはシャツ、昔の青いユニフォームで来ました。そして靴、レフリーも選手と同じゴム底のリングシューズです。レフリーは黒子なので黒が良いです。選手が接触して怪我をしてしまうかもしれませんので、金属類を身に着けてリングには上がれません。眼鏡も結婚指輪もダメです。本日はボクシング現役時代の話しをしたいと思います。
高校生の時は何を隠そう呼び出し第一号、何となく学校に行きたくなくて、何日もサボり両親に心配をかけました。国学院大学に入学後、もう一度運動部に入ろうと選んだのは親父曰く何の役にも立たないボクシング部でした。
2年生まで勝てず一大奮起、スタミナとパワーは他人より勝っていたので走ることを決断し、一日30㎞、雨の日も台風の日も休まず走りこみました。親友との出会いもありました。褒め上手の九州男児、彼のお陰で自信が付きました。3年生の決勝戦、当時アマチュアの試合はヘッドギアなどを付けておらず、下顎と左横顎を骨折しながらも優勝。優勝する姿をどうしても見せたかった親父は満足そうな嬉しそうな最高の笑顔をしていました。3年生の秋にはキャプテンになりました。両親のモットーである率先垂範、誰よりも練習して皆を引っ張りました。4年生、決勝戦の相手は赤門パワーと呼ばれスポーツが強かった東大の早稲田選手。対決の前、通っていた簿記学校の欠席届に親父が「これは一番縁起がいい判子なんだぞ」と言いながら押してくれたことは、今も忘れられません。
卒業後、一度は企業に就職するも、自分の可能性に挑んでみたいと、プロボクサーになることを決め、配属されたファミリーレストランの仕事の前後、早朝深夜に再び走り始めました。けれどプロで成功するにはどうしても無理でした。規則正しい生活リズムが必要だったのです。親父の勧めで実家に戻り、名門の帝拳ジムに入門。但し25歳までという条件付きです。ここには、故 大場政夫さん、そして、彼を母親のように厳しく温かく育て上げたマネージャー長野ハルさんがいました。皆から親しみを込めて「お姉さん」と呼ばれていた彼女のことをボクシング界で知らない人は一人もいません。お姉さんはプロになった私のマネージャーでもありました。デビュー戦、ボクシングの聖地、後楽園ホールに50人以上が応援に駆けつけてくれました。しかし、僅か1分46秒でノックアウト。その時、お姉さんに言われた「今日はなかったことにしましょう」の一言にどんなに救われたかわかりません。恩師宮崎先生の「吉田君、逆境にあった時、本当の人間性がわかるんだよ」との言葉に気づくと大粒の涙をいっぱい落としていました。ところが、人間て弱いんですよね。次第に走るのをやめ、ジムに行かず上野界隈をブラブラしては一杯やって家に帰ることも。  
そんなある朝、お袋が襖を開けて大きな声で「走らないのか。負けたままで悔しくないのか」と。私はこの一言で生まれ変わりました。そして屈辱の敗戦から8カ月後、プロ第2戦目で勝利。親父は大学時代と同じ最高の笑顔をしていました。東日本新人王は準々決勝まで進んでいましたが、0対2の判定負けでした。もし勝っていたらボクシングを続けていたかもしれません。
その後、分かったことがあります。あの朝お袋が厳しく𠮟りつけたのは、ボクシングで得た自信や信念をボクシングで失わせてはいけないという親心だったと。今は心底感謝しています。そして、ボクシングに対する感謝の気持ちを込めて、JBCレフリーとしてリングに立っています。レフリーが試合前、選手をリングの中央に集めて何を話しているのか知っていますか。
決まり文句はありません。細かい注意は耳に入りませんから、大切にしている気持ちを言います。「JBCルールを守って、ベストを尽くして、悔いを残さないように、頑張って」今、一番の楽しみは出会った人達をボクシングに招待する“ボクシングとファミレスの夕べ”です。後楽園ホールとファミリーレストランで共有する時間は至福の時です。
最後に、大好きな相田みつをの言葉から「ひとの世のしあわせは、人と人とが逢うことからからはじまる よき出逢いを」。ありがとうございました。

|

「建築家を上手に活用する術」

4月22日卓話要旨
(株)インテグレーティッド デザイン アソシエイツ 

代表 矢田 康順 氏   (山路 熟会員紹介)
  本日は、私が経験した事例を通してお話しさせて頂く事で建築家や日本の建築への理解を深めて頂いて、皆様と一緒により良い街づくりや国づくりに役立てばと思っております。建築家の仕事は、施主からの依頼に厳しい枠組みや条件があればあるほど、それを乗り越えようと情熱を燃やし、何が一番施主にとって良いのかを解いていくことだと考えています。
 まずは御殿山の原美術館です。「戸建住宅の持つ良さを持った集合住宅が出来たら褒めてやる」と言われて挑戦しました。各住戸のベッドルームの上に他人のリビングが来ないよう階層を組み合わせて隣人からの音の問題を排除しつつ、各住戸が庭を持てる案を提示して喜ばれました。普通なら5棟の建売だったものを上に複雑に積層させることで、都市住宅への1つの回答としました。
 二番目は軽井沢に建つ漆芸家のお宅。都心に住みながらアトリエとして、また冬場は住み込みで利用し、いずれは終の棲家にしたいとのこと。作家としての創作空間と同時に家族や周辺の人たちとの交流を自然環境の中でどうやって融合できるか。私の回答は二つの少しズレた正方形プランの重なる部分に、個人の空間とは別に家族の共用部分を設けました。また、全ての扉を完全開放可能とし、中央の家族領域が個人・自然のどちらの領域にも属せるように計画しました。
 三番目はイギリスのロイズ保険会社です。150年はもつように、又、フレキシブル、且つ、維持管理を簡単にという要求に、当時ボスだったリチャード・ロジャース卿と取り組みました。内部空間は将来もフレキシブルに変化可能な単純な長方形。一番の特徴は、トイレ・非常用階段・エレベーターが各階の全て外側に塔状にあること。これにより20~30年で劣化し、交換必要な設備は執務空間に影響なく取り替えられます。40年以上前の建物ですが、今なお、先端技術の空調設備やユニークな新工法による吹き抜け空間が健在です。
 もう一つユニークなのがディズニー本社です。何もないフロリダ・オーランドの湿原地帯に、新しい文化と歴史が欲しい、ディズニーのキャラクターを使うこと、という二つの課題でした。当時ボスだった磯崎新の回答はオーランドは太陽の恵みだけは世界一と、世界最大の円錐型日時計を持ち込んだこと、その時刻は米国NASAで解析された精密なものです。そして素晴らしいことに、ディズニーキャラクターで一番有名なミッキーマウスの耳型を、建物の中心であるエントランスの庇にオマージュ(敬意)として持ち込みました。
 次は湯布院の駅舎です。通過点としての駅ではなく情報発信の地、一方、町は観光の俗化を排して住民参加型の文化施設をとの要求でした。そこで、駅舎を美術館にすることを提案。駅舎から言えば待合、町から考えれば美術館という文化施設。それらを上手く混在させることで、町民も喜び、旅行者も30分に1本の電車の“待ち時間”に地域文化に触れあえると、村おこしとしても全国的にも有名になりました。
 次に熊野本宮大社の瑞鳳殿です。台風被害で二度も川の氾濫による水害を受けていましたが、防壁は作りたくないとのこと。ならば、どのように水を被らずに逃がすかと考え、絶対に水に浸かってはならない物から浸かっても被害が少ない物まで、施設を高低レベル的に3つに分けて計画。これにより、一部、空中に浮いた施設の下は消防水利(消防団の為の池)の水遊びができる浅い水盤としました。結果、参拝者の憩いの場となっています。
続いて南方熊楠の資料博物館です。施主の要求は地場産の木材を使い、且つ、隣接する熊楠の住居とどう関わり開かれたものにするかというもの。木造建築に必要な耐力壁は従来の工法では壁を完璧な塊にするため閉鎖的になります。そこで、日本の伝統工法である“貫”を新しい形の”貫壁“として採用。数々の試験を経て耐力壁として認められ、失われつつある伝統を新しい表現として伝承させました。
技術を追求した結果、施主が求めるものが回答として出てくるのが一番の楽しみです。それをデザイナーとして美術的・芸術的に収めていきます。
その他の近作においてもアップル福岡では米国アップル社らしさの中に日本の美意識や伝統を組み込んだり、進行中のアイルランド大使館(東京)では日本とアイルランド国の架け橋になるような要素を組み入れた建築を模索中です。施主の厳しい依頼にどのように応えていくかが建築家の喜びかと思います。

|

「職業奉仕について」

4月15日卓話要旨
地区職業奉仕委員長 比留間 孝司 氏
(東京武蔵村山ロータリークラブ)

2021415
本日は伝統ある東京神田RCで卓話の機会を頂戴しましたこと御礼申し上げます。職業奉仕月間にちなんで、本来は昨年4月に地区研修協議会の部門別セミナーにて委員長として話す予定でいた内容を、少し膨らませつつお話ししたいと思います。
職業奉仕では、各人の職業倫理の向上、価値のある職業は相互に尊重すること、そして、各クラブにおいて、各人の職業上の手腕を社会に向けて発揮するためのプログラム・プロジェクトと会員の積極的な参加、という三つのポイントが挙げられます。  
まず申し上げたいのは、クラブの会員卓話やクラブフォーラムで積極的にご自身の職業のあり様を語って頂き、職業人としてのあり方を考える機会を持って頂きたい、ということです。
私自身を振り返ると司法書士という仕事柄、異業種交流会等にも参加しました。それはもちろん有意義でしたが、ただ、自分の心の奥に沈んでいるものをぐいっと引っ張り上げて自分のあり様を考えるような機会にはなりませんでした。
一方、ロータリーならではの「親睦」が私を鍛え育てくれたのではないかと思っています。米山梅吉翁は「ロータリーは人生の道場だ」と、又、パストガバナーはじめ諸先輩方は「例会は忙しい職業人が集まって一定の時間同じ空間を共有する、そこから得る something がある」と、仰っていました。
数年前、地区米山委員長を務めて以来、学友たちとはその後も交流の機会を持っていますが、香港の衛星テレビの東京支局長を経て大学の教鞭をとっている方曰く「自分にとってロータリーとは何だったのか。最近思うのは、限られた時間と空間の中に様々な職業観、社会観、人生観が凝縮されていること。その空間と時間が温和に反復継続されていくことで、そこにある職業観、社会観、人生観が研ぎ澄まされて深くなっていく。こういったものは案外あるように思えて他に無い。色々な人と話し、話を聞かせて頂いたこと。それがジャーナリストとして、教育者研究者としての自分の基盤を築いてくれた。」これはまさにロータリーにおいて
 職業が磨かれるということが、広く普遍性を持っているということだと思われます。
 時にロータリーの奉仕分野は一本の大きな木で語られます。根っこが親睦・会場運営・ロータリー情報も含めたクラブ奉仕。幹が職業奉仕、そこから上に伸びる枝葉が、社会奉仕・青少年奉仕・国際奉仕。一本の木の中で全てが有機的な関連を持っています。
そこで皆さんには、ご自身の立場からご自身のロータリーへの関わりやお考え、職業人でありなおかつロータリアンであることの喜びを忌憚なく語り合い、クラブ内で親睦をベースに共有して頂ければ、非常に有機的な、決して一人よがりにならず、地に足のついた血の通った職業奉仕論ができると思います。 
ポール・ハリスが著作にて引用する「インドスタンの6盲人」というエピソードがあります。これは目の不自由な方が象に触れた印象を6人6様に語ったという寓話ですが、1人1人正解であるがゆえ別の正解に気づかなかったり全体が見えなかったりすること、クラブフォーラム等で別の見方・考え方があることを積極的に受け入れ、自分自身をいかにアップデートしていくかという、今日的な課題として非常に示唆的な話です。
「各クラブにおける職業奉仕」としてまず出来るのは、そうした機会をプログラムとして各クラブで組んで頂くこと。それがスタートになるのではないかと考えています。
さて、地区委員会にはセミナー等を開催し、時代をとらえた問題提起の機会を提供する役割もあると考えています。2020年度はコロナ禍で1回でしたが、大阪の大学からお招きした社会思想学の教授にご講演頂きました。
CSR、SDGs等の今日的テーマをふまえながら、石田梅岩や石門心学からの先達の「思想」や「知恵」を取り上げ、コロナの時代だからこそ社会の困難な課題にどのような問題意識で取り組むべきか、一つの示唆を提示申し上げたつもりです。どんな状況であっても、「職業奉仕」はひきつづき私たちに無限の可能性をもたらすものと考えています。

|

2021年4月21日 (水)

「新型コロナウイルスと社会奉仕」

4月1日卓話要旨
地区社会奉仕委員会委員長 茂木 正光 氏
(東京板橋セントラルロータリークラブ)

Photo_20210421114001
   東京板橋セントラルロータリークラブの茂木です。神田RCで卓話をするのは、約10年ぶりです。本日は地区社会奉仕委員会の卓話ということで、当地区の社会奉仕の現状をお話しします。今後、社会奉仕事業を企画・運営する際にお役立て頂ければ幸いです。
 神田RCは気仙沼のボランティアと連携して、病院や高齢者施設に手作り防護服を寄贈するサポートをされています。支援される側が支援する側になって社会に貢献する、そのコーディネイトをロータリーが出来ているのは本当に素晴らしいことで、私も各所で紹介させて頂いております。
地区社会奉仕委員会の役割は、各クラブの社会奉仕事業がより活性化するよう、事例等を情報提供・共有することです。前年度は社会福祉協議会にヒヤリングを行い、地域の最新の課題・ニーズを収集し各クラブに共有しました。その時、キーワードとして出てきた言葉が「孤立」です。また、地域では課題・ニーズが多様化して、社会福祉協議会では対応が難しくなっているところも出てきています。
本年度、社会奉仕委員長として出した方針は「クラブとして地域の最新の課題やニーズを捉えていますか?」ということをお伝えすることです。ロータリーモーメントと言っても良いかもしれませんが、奉仕の実感を得られているロータリアンが多いほどクラブは活性化するのではないか、ひいては退会防止や会員増強に繋がるのではないかとも考えています。クラブによって地域も歴史沿革も予算や人員も全然違いますから、何をやればいいということはありませんが、地域の課題・ニーズを捉えていて、ありがとうと言ってもらえる、現場に行って大変な状況を知り、何かやれる事はないかと考える機会を作る。会員に奉仕の実感を得て頂くというのがクラブの社会奉仕委員会の役割ではないかと考えています。
 コロナ禍において、クラブによっては休会し、社会奉仕事業の話し合いが出来ない状況になりました。そこで、頑張っているクラブから情報を収集し、悩んでいるクラブにお伝えすべく地区社会奉仕委員会は動いております。昨年5~6月のアンケートでは、神田RCや紀尾井町RCが早い段階から対応していた一方、例会や理事会が開けないため決定できず、結局何もできなかったというクラブがありました。
9月には社会奉仕委員長を対象とするオンライン会議を開催しました。グループディスカッションにおいては、社会奉仕事業について話し合う機会が無くなっていることやイベント型の社会奉仕事業が開催できなくなっている等のお話がありました。当地区で行われているイベント型の社会奉仕事業(コンサートの主催や市民お祭りへの出店など)はほぼ全滅です。長年続けてきて思いが強いからこそ切り替えられず、結果として、本年度は社会奉仕事業が出来なかったというクラブもありました。1~3月のアンケートでは、昨年と比較して、マスクや防護服寄贈の支援から、社会的経済的影響を受けて困窮している家庭への支援等が増えています。とはいえ、引続きマスクや防護服が必要な保育所や医療機関もあります。寄付型の社会奉仕事業でも、会員が奉仕の実感を得られるよう進捗報告をする等も大事だと考えています。
 今後、「孤立」は深刻化するかもしれません。板橋区社会福祉協議会が事務局を担当された食品配布会に当クラブはお米の協賛を行いました。民生・児童委員や子ども食堂を運営するボランティア代表が来場者にお声掛けをしていました。お米自体にも感謝されましたが、それ以上に「地域の中で独りではなく、助けてくれる人達がいることに気づけました」という言葉を頂くことができました。
名護RCからはアンケートに「ただ単に、品物やお金を寄附するだけではなく、その現場をみて、どうしたらその環境を変えられるか、個々の家庭レベル視線での提案対策に協働していく、寄り添っていく、関わっていくことも大切ではないか」というコメントを頂きました。今後も、withコロナで何ができるのかを考えねばならないでしょう。また、クラブへ社会奉仕事業の進捗・成果を伝え続けること、社会奉仕委員長が頑張るだけでなく、会員の皆さんが状況を知り社会奉仕委員長を支えるような雰囲気作りも必要でしょう。
最後に、次年度、東京都からの要望でロータリアンが職業やビジネスマナーについて話す出前授業ができないか協議中です。是非ご協力頂ければと思います。

|

2020年12月10日 (木)

「地域福祉と社会福祉協議会」

11月12日卓話要旨
千代田区社会福祉協議会  梅澤 稔 氏
(荻原 弘幸会員紹介)

20201112
   私は生まれも育ちも千代田区、末広町の銭湯の息子で、地域の皆様に大変育てて頂きましたので、恩返しのつもりで働いております。
本日は社会福祉協議会(社協)がどんな団体で、今何をしているのかお話し致します。現在、千代田区社協は全職員55名。「社協って何をするところ?」とか、区役所の一部署だと思われていること、地域包括支援センターとの違いがよく分からないと言われることもあります。社協は、戦後GHQから示された提案に基づき、既存の民税委員の団体などを母体に設立されました。福祉は国の責任で政策を作り、国民の生活を支えますが、GHQは国の支援だけではなく住民による福祉活動の展開を提案し、行政の救済からこぼれる人たちへの支援、子どもクラブや老人クラブの育成、戦争未亡人の対策、そして共同募金を社協で推進することを期待しました。社会福祉法にも、社協は地域福祉の推進を図る団体として位置付けられています。
区役所は法律(制度)に基づいて福祉サービスを提供するため、法律にないサービスは提供できません。株式会社やNPO等の民間事業者も福祉サービスを行っていますが、採算が合わないと持続できません。社協は行政も民間事業者も対応できない、制度の狭間で起きる福祉のニーズや困りごとを区民と一緒に考え取り組む団体です。虐待や育児不安など地域が抱える様々な生活課題に対して、社協は地域社会のプラットフォームになろうと考えています。
配食サービスのボランティアから相談を受けた事例です。「お弁当を届けると高齢者から電球交換など、ちょっとした困りごとの相談を受けるが、次の配達がある為お手伝ができない」とのことでした。そこで出来た仕組みが「困りごと24」です。高齢者が困りごとを社協に連絡すると、社協は登録している住民ボランティアに連絡して、お手伝いに行って頂くという仕組みです。夜間・日曜祝日は建設会社のコールセンターで受けて頂いています。地域の助け合いの推進役を社協が担っています。より具体的な取り組みを挙げます。
「ご近所福祉活動」 区内109の町会に福祉部の設置を提案し、見守りや交流などの助け合いの活動を呼びかけています。
「ふれあいサロン」 千代田区は65歳以上が11,000人位、一人暮らし又は高齢者世帯が約6割。高齢者が集える場所作りを始めて35か所。運営は地域のボランティアです。スターバックスコーヒーの方が珈琲の淹れ方や原産地のクイズをやったり、大学生が自分の得意なジャム作りで交流会を開いたりしています。若い世帯も増え、子どもたちが増えてきているので、子育で孤立しないよう集いの場づくりもしています。
「ふたばサービス」 まだ元気だけれど最近上手く掃除ができなくなった、といったホームヘルパー(介護保険)に頼めないような高齢者の困りごとを地域住民がサポート。一時間1300円の有償サービスです。子どもたちの学校や塾の送り迎えもします。登録している住民サポーターを社協がマッチングします。
「成年後見センター」 後見人に報酬を支払う財産がない方々には、社協が養成し、登録している区民に後見人になって支えて頂くという取り組みです。
「ボランティアセンター」 高齢者施設には多くのボランティアが関わって様々な活動をしており、その経費に神田ロータリークラブ様のご寄付を使わせて頂いています。これまで、ボランティアは9割が女性でしたが、最近は男性による“そば打ち”も。大学生のボランティアと一人暮らしの高齢者の方との “お茶飲み友達”などもあります。
「災害ボランティア」 大学と千代田区で協定を結んで学生ボランティアを養成。養成後は、防災訓練に参加して日頃から関係づくりをしています。東日本大震災の時には、千代田区とご縁のあった岩手県にも行きました。
最後に、「みんなが参加し、支えあうまちづくり」が、社協の大切にしているミッションです。住民の皆様、関係機関の皆様と連携して、千代田区で住み続けられるようにしていこうという取り組みをしています。「千代田区社会福祉協議会」を柔らかく読み解くと、千代田区「みんなで」、社会福祉という「みんなの幸せ」を、協議会「考える会」、すなわち、「みんなでみんなの幸せを考える会」でございます。神田ロータリークラブの皆様と手を携えて千代田区の生活の支えが出来たらと思っております。

|

「ロータリー財団月間に因んで」

11月5日卓話要旨

ロータリー財団委員長  浜田 章男会員
 
  2020115
 イケメンの写真からはじまります。今から約100年前に、当時のRI会長が「世界で何かよいことをしよう」と呼びかけてロータリー財団が創設されました。ポール・ハリスがロータリーをはじめた12年後のことです。 
財団の活動は3つに大別されます。ポリオ根絶・ロータリー平和フェローシップ・補助金です。寄付概要、寄付総額は年間3億ドル余りということで、世界120万人の会員が協力すると、このような大きな金額になります。支出総額も3億ドル余りで、9割が活動と運営費に使われています。財団の財務は長年にわたり高い評価を受けています。チャリテイーナビゲーターはアメリカ国内の慈善団体の格付けを行う機関です。寄付金が効果的に活用されて、健全なガバナンスが保たれているというふうにご理解ください。 
ポリオはいわゆる小児麻痺で、非衛生な環境で主に子供が感染しやすいのですが、感染の連鎖を断ち切ればウイルスを根絶できると考えられています。ロータリーは1985年からポリオの根絶を目指し、今まで20億ドル以上の資金を投入してきました。今年はうれしいニュースがありました。ナイジェリアが流行国から外されました。WHOは8月にアフリカ全地域での野生型ポリオの感染根絶を発表しました。世界的根絶への歴史的な前進と言えます。
そもそもこの活動を財団の事業として取り上げさせたのは、私たちの地区、東京麹町ロータリークラブの山田ツネさんであります。命をかけて献身された偉大な先輩の存在を忘れないようにしたいものです。地区のポリオ委員会の目標は、ひとり30ドルであります。根絶まで基金へのご寄付をお願いしたく存じます。 
平和フェローシップは、提携大学内に平和センターを設け、学ぶ方に奨学金を提供しています。ウガンダの大学にもできたので、7ヶ所になります。日本はICU(国際基督教大学)に設置されています。毎年10名が来日し、2年間平和と開発の研究に励んでいます。皆様の寄付がここに写っている人たちの奨学金として役に立っています。今年は感染の影響で来日の予定が遅れています。 
補助金は3年前の寄付の半分を地区が使えることになっています。地区補助金とグローバル補助金、どちらも人道的プロジェクトと奨学金に使えます。奨学生の選考は地区の委員会が行い、各クラブには人道的プロジェクトを期待するものです。
グローバル補助金は、資料にある3つの条件に沿うもので、日本のクラブが途上国の支援をするケースが多いですが、先方に任せきりの便乗支援にならないように注意すること、重点分野には「環境の保全」が加わりましたので、これに関するグローバル補助金については次年度から財団本部への申請が可能となります。グローバル補助金は、1年中いつでも受付をしております。 
地区補助金は、ここにある条件でクラブ単独で実施できます。支援基準をよく確認して申請準備をして下さい。ここに記載の財団の使命に沿ったものですので、ご承知おき下さい。補助金にふさわしくない事例、NG例に充分ご注意ください。申請のスケジュールは資料のようになっていまして、コロナに関連する活動は優先して支援することにしています。上限は60万円です。しっかり寄付してしっかり使うという考え方でお願いします。
次年度からは、一人280ドルを地区目標とさせていただきたくお願い申し上げます。 結局、最後は寄付のお願いで締めくくることになるのが、この財団のお話ですね。

写真 

左:友居 葉奈 様(グローバル補助金奨学生)
右:原   湖楠 様(地区補助金奨学生)

|

2020年11月17日 (火)

「親子はねやすめ活動報告」

10月22日卓話要旨
宮地 浩太 会員(株式会社東京洋紙店)
(特定非営利活動法人 親子はねやすめ 代表理事)

Photo_20201117113401
 卓話にお招き頂き誠にありがとうございました。卓話の際にお話した内容を補足しながら、10月26日(月)にご家族の要望で実施致しましたホームコンサートの様子を、僅かではございますが、感謝の気持ちを込めてご報告申し上げたいと存じます。
 新しく入会された皆様に活動6年間を振り返ることで団体を紹介させて頂きました。医療的ケアの必要なお子さんを持つご家族は、お子さんの介護で四六時中休む暇のない生活をしておられ、また「死んでしまうかもしれない」という強い緊張感の中で、日々を過ごしています。そこには社会からの孤立感が生じやすく、ご家族が疲弊しやすい環境下にあると言えます。
私たち「親子はねやすめ」は、そんな家族に生きる勇気、社会との結びつき、ひと時の休息を提供しご家族に寄り添う団体です。主に3つの活動を実施しております。一つ目は、複数のご家族をお誘いし、旅行にご案内する活動です。お連れする医療的ケアの必要なお子さんの状態を熟知する医療ボランティアさんにも参加頂き、親御さんから日々の介護を旅先にて開放します。2014年から始めこれまでに実施9回、26組のご家族、合計119名を案内しました。
二つ目は、医療的ケアの必要なお子さんのきょうだい児向けの企画を実施しております。日頃親御さんは、介護に忙しく、きょうだい児の相手をしてあげられません。甘えたいのに甘えられず、幼少時期から寂しい時間を過ごしています。そこで、大根堀り、スキー、海水浴、餅つき、その他多数企画を実施しました。実施12回、お子さん延べ101名が参加されています。
そして三つ目の活動は、医療的ケアの必要なお子さんも含め家族そろって日帰りお出かけ企画、演奏会やバーベキュー等々、東北仙台では茶話会も実施しました。実施25回、1,100名以上に参加頂きました。  
しかし現在、コロナ禍においては外出企画を打ち出すことができず、本年2月の餅つき&原木椎茸狩りのイベントを最後に年度内企画中止、4月以降予定していた活動もこの状況が落ち着くまで延期せざるを得ないこととなりました。ご家族に寄り添う活動を諦めてはならない、何らかの形で家族に寄り添うことを考えようということで、オンライン(ZOOMを利用)で家族に非接触の形でお会いし、会話し、ミニコンサートを届けることを開始。5月より始めたこの活動は、月に1回午前・午後の部とし、合計23家族と1施設、83名の参加者となっております。4番目の活動として継続する予定です。そして、ご家族からの強い要望に対して寄り添う活動を5つ目の活動として位置づけようとしています。以前も団体として経験を持つのですが、このコロナ禍において2組のご家族から要望を頂きました。いずれも重い病気と闘い、限りある命の中で残された時間を少しでも充実させたいというものです。 
東京神田ロータリークラブのご寄付によって実施致しましたホームコンサートを写真とともにご報告致します。9月にお子さんが大好きであった電車に乗せてあげたいとの要望があり実施に向けて準備して参りましたが、実施前日にお子さんが高熱を出し1週間延期となり、延期した当日も朝の時点で、やはりコンデションが整わないとの連絡があり延期、そして3度目も同じく実施することができませんでした。日々進行する病に諦めざるを得ないのかと。そこで、外出は諦め、ホームコンサートを提案したところ、親御さんが大変喜んでくださり実施する運びとなりました。ハロウィンに近いということで、提案当日よりお母さまがお子さんのために部屋を飾り付けたことを、担当看護師より聞かされました。専門的知識のない我々にとっては、ただただその日を迎えることができることを祈るばかり。 
そして10月26日当日、コロナ禍でご親戚、お子さんの友達とも会うことが叶わない中、お父さんがオンラインでお子さんと共にコンサートをみなで楽しもうと、準備頂いておりました。演奏は、親子はねやすめの活動をよく理解いただいている、クラリネット奏者の田中正敏氏と教え子である添石紗静さん。お子さんが好きだった曲を含めて、40分の演奏を届けることができました。
東京神田ロータリークラブの皆様のお力をお借りしご家族のご希望に答えることができました。心より感謝申し上げます。引き続きご声援のほどよろしくお願い申し上げます。

|

2020年11月 9日 (月)

「 米山月間に因んで 」

10月15日卓話要旨
米山奨学生  田 勝圭 さん

Photo_20201117113501
 2019年度米山奨学生、明治大学4年生の田 勝圭 (ジョン スンギュ)と申します。専攻は政治経済学部の政治学科で、経済学系列の武田巧ゼミに所属し、主に経済政策を研究しています。第1に、卒業論文の着眼点と枠組みを話させていただきます。第2に、4年間の日本留学の振り返りついてご報告致します。
改めて私は韓国生まれ、首都ソウル育ちの留学生です。韓国で高校を卒業後、兵役を終え、2017年に明治大学に入学、昨年2019年4月に米山奨学生としてご採用頂きました。最近凝っている趣味は様々ですが、中でも作詞作曲についてはカウンセラーの髙柳さんとも共通の趣味で、ひとかたならぬご縁を感じています。
 早速ですが、私の卒業論文のテーマは、「新日本改革DX(デジタル トランスフォーメーション:以下、DX)」です。 DXとは、社会をデジタル化させて新たな価値を見出し、イノベーション向上に取り組むことです。ここで韓国の現状を申し上げますと、日本と似たような変化が見受けられます。少子高齢化が進み、最近は多文化支援政策に積極的です。「アジアの四匹の龍」と呼ばれる急激な経済成長、一方で世界唯一の分断国家・青年失業者百万人突破・年金の負債・人手不足という光と影。日本と韓国は非常に多くの共通課題を抱えています。
したがって私は、所属するゼミの研究テーマでもある「グローバル化が進む中で日本経済をいかに元気にするか」を総論に、コロナ禍、人口減少、少子高齢化、経済の長期低迷、マンネリ化改善化や労働生産性の向上のための新たな技術革新など6つの各論を考えました。中でも、日本経済最大の課題と言えるデフレスパイラルを引き起こす問題点として着目したのが、日本社会や企業のマンネリ化と生産性低下です。どうすれば日本社会の技術革新枯渇に対応できるか、労働生産性を向上させ、日本経済に活力を吹き込めるだろうかと考えた時、韓国の事例を鑑み、一つのヒントが浮かびました。1990年代、アジア通貨危機を経験した韓国には社会を復興させる特段の措置が不可欠でした。資源も人材もなく、育成できる産業が限られている中、当時の金大中大統領は、Microsoftビル・ゲイツ氏Softbank孫正義氏を招き三者座談会を行い、彼らの助言を元にIT化を決断し、それと共に生産性が飛躍的に向上しました。特に2010年代以降、肌で実感した変化としてキャッシュレス化が挙げられます。今や多くの韓国人は財布やカードを持たないほどフィンテックが一般化しています。
卒業論文の枠組みは、日本の30年計画を立て「生産性を向上させるためにはDXを進め技術革新の枯渇に対応しなければならない」という結論を導くもので、経済産業省が2018年に発表した国書に韓国や他国の成功事例を加味して提言したいのです。
 次に、神田ロータリークラブの皆さんに出会うことができた感謝の気持ちを込めて日本留学生活を振り返ります。大学1年生の頃は、学業と部活そして憧れていたカフェでのアルバイトに邁進。ある程度日本社会に溶け込めるようになりましたが、最も大変な時期でもあり、不慣れな日本生活、日本人学生との心理的な壁から「韓国人留学生のジョンではなく明治大学のジョンとして日本と韓国の架け橋になりたい」という、漠然とした夢を感じていました。 続いて大学2年の約1年間、駐日韓国大使館で、民間外交官のプログラムを経験し日韓の外交行事に参加、民間交流の促進に取り組み、最終的に活動優秀を受賞しました。
又、2018年末に米山奨学生採用の結果を頂いた時には嬉しくて部屋で一人嬉し泣き、韓国の両親にも報告しました。3年生になり同期より早くから就職活動を開始、学業では単位を最大限に取りつつディベートを伴うゼミも選択、さらにオリンピックボランティアに参加など。全力を尽くしました。最も忙しい時期、かつ、神田ロータリークラブの皆さんに出会えたことで最も安定した時期にもなりました。皆様は日本における父母のような存在です。就職活動スランプの時期には、髙柳さんに立ち直るきっかけを頂きました。
以前は社会貢献と言えば国際開発、国際協力、グローバルコンサルティング等と、派手な言葉にしか考えられませんでした。しかし、就職活動をする中、私を受け入れて下さった日本社会への感謝を忘れず、周りを明るくさせて周囲の環境を少しずつ変化させていくことも長期的には日本社会への貢献に繋がるのではないかと感じました。
皆様との出会いと絆に心より感謝致します。今後ともキャリアステップを経て日韓社会に貢献できる人材になるため、絶え間なく切磋琢磨してゆく覚悟です。

|

2020年10月19日 (月)

「世界を迎える お・も・て・な・し」

9月24日卓話要旨

河村 博 会員
((株)ホテルグランドパレス 代表取締役社長)

Photo_20201019103301
 今回の卓話は3月以前にお話を頂いておりまして、オリンピックならば「おもてなし」だと準備をしたものの延期になっていました。ホスピタリティ産業と言われるホテルの「おもてなしの精神」は一定のレベルにあると自負しております。本日は初めにインバウンドの現状を、そして本題の「ホスピタリティとは何か」をお話致します。
 まず簡単にホテルグランドパレスについてお話します。皆様に支えられ地元九段に創業48年の国際シティーホテルです。シティーホテル即ち都市型ホテルは、所謂泊まるだけのホテルではなく、バンケットやレストラン等を備え、結婚式や催しができる複合施設です。      
国際と冠するのは、国際観光ホテル整備法に準拠し、海外の皆様を迎える施設であるというお墨付きがある為で、その生活様式はバスルームやトイレ・ベッド等になっています。私共も創業以来約50年間、半数が海外のお客様ですから国際観光ホテルの名に恥じない占有率かと存じます。
さて、安倍前政権は発足当初から観光立国を標榜、観光庁を作るなど注力しました。欧米から見るとファーイースト日本は元来の人気もあり、訪日外国人の数は2012年の700万人前後から、昨年2019年には3188万人まで
一気に増加しました。内訳は中国・韓国などアジアが8割を占めています。民泊も利用が進み、2016年には訪日外国人の10%強が利用しました。世界的には、外国人旅行者受入数のトップはフランスの8940万人で、日本は11位。政府の目標通り2020年に4000万人となれば、アジアで中国に次ぐ観光都市になるところでしたが、新型コロナウイルスの影響で、2月に前年比58%ダウン、3月以降は100%近く落ち込み、観光業界は壊滅的な打撃を受けました。ホテルにもニューノーマルが消毒とソーシャルディスタンスという、新しい営業形態をもたらしました。
 おもてなしが注目される前、接遇はホスピタリティという言葉で語られていました。ホスピタリティの語源はホスピス、保護するという意味です。ホスピタリティは中世ヨーロッパ、体調崩した巡礼者を教会の聖職者が献身的に看護したことに由来し、安心・安全・寛ぎを提供する、その現代の姿がホスピタルとホテルです。
昨今、ホテルは合従連衡、全て系列に吸収されており、皆様ご存知リッツカールトンもマリオットグループの最高級ホテル群に属します。かつてラグジュアリーホテルを展開しアメリカのホスピタリティの精神を根本から覆したリッツカールトン、その社員が持つ、約束事やサービスの基本的考え方が書かれたカード、クレド(信条)より モットー: 
“We Are Ladies and Gentlemen Serving Ladies and Gentlemen”
“紳士淑女をおもてなしする私たちも紳士淑女です”
お客様と対等な教養やマナーを持ち、期待以上の接遇で感激や感動をもたらす、付加価値の供与がホスピタリティの真髄であるというリッツカールトンのホスピタリティが凝縮された言葉です。
私は、ホテリエの資質、つまりホスピタリティを構成する要素は3つあると考えています。知識・教養、技術・技能、そして経験。これらが相まってホテリエのレベルは向上すると思います。一般教養、知識教養はヨーロッパでいうリベラルアーツです。古代ギリシャの自由人になる為に学ばれた「文法・修辞・論理・算術・幾何・天文・音楽」が起源で教養の原点です。これぞホスピタリティの礎だと思います。
シリコンバレーのスタートアップ企業では、STEM(Science,Technology,Engineering,Mathematics)、これに「A」Art(芸術・美意識)を加えたSTEAMが求められているそうです。考える力は言語の力、ストーリーを語りメッセージを込める表現力は全て言語から、言葉を知らないと表現もできなければ教養の一端も見せられません。社員にもマルチでタレントを磨け、考える業務執行、教養をインプットしないとアウトプットはできないと伝え、資格試験・技能検定を支援し、母校明治大学へ受講者を派遣しています。
ホテリエはホスピタリティよろしくサービス向上に励んでいますが、お客様の声を一番大事にしています。ネットで色々な口コミが入りますが、ご批判も全部社内に共有し向上に繋げます。最後に当ホテルのMr.ホスピタリティを紹介します。ロビーマネージャーの佐藤はモロッコ出身。パリ・ロンドンのホテルで修行後に来日し5カ国語を操る彼は、お客様への目線を外しません。それだけプロ意識が高いホテリエです。
 

|

2020年9月29日 (火)

「グルメ雑談 ―知っていて損はない、社交に役立つグルメ知識─」

9月3日卓話要旨
清水 宜夫会員
(香取 純一会員紹介)

202093
 本日はグルメの話ですが限られた時間ですので要点だけお話し致します。さっそく「グルメの歴史」という話に入りますが、世界三大料理であるトルコ料理、中国料理、フランス料理、中でも日本ではあまり馴染みのないトルコ料理は、世界で最もメニューが多く、約2500品目という驚くべき数です。レパートリーが広く、肉魚だけではなく野菜の料理が1500種類もあります。もし東京でトルコ料理を召し上がるなら麻布のBURGAZ ADA(ブルガズ アダ)このお店がナンバーワン。訪日したトルコの大統領が来店されるお店です。
 世界料理になるには、覇権国家、東西南北交流、外交としてのグルメ、という3つの条件が全部揃います。一番面白いのは中国料理、特に北京料理です。今は四川料理か上海料理か広東料理で、北京料理という言葉をお聞きになることはないと思います。実は北京料理という料理はありません。昔、中国の皇帝は全土を掌握すると傘下の王国に対して北京に参勤交代をさせました。その際には皇帝も御馳走しますが地方の殿様もコック長を連れてきて一番おいしい料理で答礼宴会のようなことをしました。それら何百種類という料理の中から、相性、地域、季節などから組み合わせて出来たものが、北京料理と言われています。ちなみに、北京料理の中で一番有名なのは満漢全席ですが、残念ながら私は食べたことがありません。食べた人の話では、1食につき15種類位出るので、とてもじゃないが食べきれないそうです。文化大革命の頃には、まだ満漢全席があるというので値段を聞いたところ一人150万円もするという、とんでもない値段でした。
 イタリアでフランス料理を誉めてはいけない、というのは知っておいた方が良いと思います。歴史的に古い話になりますがイタリアのメディチ家が財政立て直しを図って娘をフランスのルイ11世に嫁がせた時、娘のためにコック団を随行させました。素材の味を生かすイタリア料理に比べてフランスの素材は半分腐っているというので、味の濃いソースをかけるか煮込んでしまえということで生まれたのがフランス料理の“オールドフレンチ”です。ソースの味が8種類位とバラエティーが少なく、バターと生クリームを生かすというのが特徴です。戦後、冷凍技術と物流が発達してフランスでも良い素材が手に入るようになって新しい料理法、所謂“ヌーベルキュイジーヌ”が出来ました。今、日本に来ているフランス料理は皆これです。
 今でこそ食事のマナーにうるさいヨーロッパですが、歴史的にはそう優雅でもなく、殺伐として損得に絡んだ話もあります。テーブルクロスはいつから使われるようになったのか。戦争が続いた時代、講和の宴で眠り薬の入ったワインを飲ませて寝首を掻くのは常識で、それを防ぐため高くしたテーブルにテーブルクロスをかけて兵隊を忍ばせると、今度は、テーブルクロスを絶対にかけなくなる。200年程を経て、今のようにテーブルクロスをかけるようになったと言われています。フォークは、漫談的な要素もありますが、庶民の間で誕生し流行していたスパゲッティーを食べるため、ナポリ太閤がコック長に作らせたとも言われています。
 日本料理がこの十年間で脚光を浴びています。NHKがフランス料理の優秀なシェフ約20名を招き、築地へ連れて行くなど、世界で知られていなかった日本料理とのコラボレーション番組を制作しました。シェフ達は複雑にブレンドされたマルチの出汁に脱帽し、魚料理を美味しくする刺身包丁に驚きました。以来、フランスから来るシェフは皆、一流の包丁屋で5万円も10万円もする銘の刻まれた包丁を買うようになったと言われています。
 最後に、日本のグルメ評論家と言えば、皆様ご存知の北大路魯山人ですが、漫画『美味しんぼ』に登場する海原雄山は彼がモデルだと言われています。実はグルメ評論家には二通りあります。自分で一銭も金を出さず「俺は有名なんだから、書いてやるからタダで食わせろ」と言う人と、黙って行って知られないようにして自分のお金で食べて「あそこの店は美味かったよ」と言う人。本当の評論家というのは自分のお金で三回行く、そうして本当に美味しかったものを書くものですが、今はこういったことをやる評論家はなかなかいないかもしれません。
レジュメを全てお話しできませんでしたが、以上、ご清聴ありがとうございました。
 
 

|

«「新型コロナウイルスで影響を受ける方への緊急支援策まとめ」