« 2017年6月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月31日 (木)

「漱石が上野で聴いたハイカラの会」

7月27日卓話要旨
音楽研究家・音楽プロデュサー 瀧井 敬子 氏
(堀田 康彦会員紹介)

1

  夏目漱石(1867−1916)は小説家という枠を越えた文明批評家 でした。彼の人間哲学は、現代人にとっても多くのことを教えてくれます。欧化主義に狂騒する時代にあって、漱石は東洋と西洋のよいところを取り入れるという「私の個人主義」を貫いた人でした。彼が洋楽に関心を持ったことは、あまり知られていません。きょうは彼の洋楽体験の一端をお話したいと思います。                    
英国留学では、まず軍楽隊の楽器に興味をもっています。ロンドン到着後11日目の明治33年11月9日、彼は「ロンドン市長のお披露目のパレード」、すなわち「ロード・メイヤース・ショー」を見に行っています。中世から続いていたロンドンの大イベントです。ロンドン市長と言っても、大ロンドンの市長ではなく、1年交代に選ばれる、名誉職のシティ・オブ・ロンドンの市長です。新市長は護衛兵つきの金色の馬車に乗って、壮麗な礼服に身を包んだ近衛兵の軍楽隊に先導されて、旧ロンドン市街をパレードします。これは15世紀以来の伝統でした。
漱石は楽器の名前をメモしていました。その手帳は、現在、東北大学に保管されています。     
英国留学から帰国した漱石は、明治36年4月から高襟の白シャツにスーツという、ハイカラな姿で、第一高等学校と東京帝國大学文科大学の教壇に立ちます。一年目は講義ノートを作るのにたいへんだったようですが、翌明治37年になると、寺田寅彦に連れられて、東京音楽学校の奏楽堂コンサートに出かけています。コンサートに出かけるときの服装は、フロックコートでした。
 明治42年、寺田寅彦の留学中に、漱石家は燭台つきの竪型のピアノを購入します。森鷗外家は、前年の明治41年8月に娘のためにピアノを買っています。漱石は日記では、「子供がピヤノを弾いたつて面白味もなにも分りやしないが、何しろ中島先生が無闇に買はせたがるんだから仕方がない」、と記していますが、実は子供の教育に音楽は必要だと考えていたのです。
雑誌『明治之家庭』の明治42 年1月号の談話でも、子供は自由奔放にさせているが、特に音楽だけは稽古させていると語っています。ベルリンにいる寅彦に宛てた手紙に、「君の留守にとうとうピヤノを買はせられた・・・君が買へ買へと云つてゐたから」と書いています。さらに、「筆が稽古してゐる。それで来年の春は同じ位の年の人と 一所に演奏会へ出て並んで何かやるんださうだからえらいね」、と自慢までしています。自分の娘のことを「えらいね」とは、漱石にも親バカな一面があったのですね。
 明治45年6月9日、漱石は留学から帰国した寺田寅彦と彼の父親を東京音楽学校の定期演奏会に招待します。この51日後に明治天皇が薨去して、明治時代は終わります。お雇い外国人教師のユンケルが指揮をして、ロイテルがピアノ独奏、ヴェルクマイスターがチェロ独奏。管絃楽は東京音楽学校の職員と生徒が総出で、宮内省の怜人も管楽器の一部とティンパニーで応援しました。二管編成のフル・オーケストラでした。
 このたび漱石生誕150年を記念して、10月15日に「漱石が上野で聴いたハイカラ音楽会」というタイトルで、往時のプログラムを追体験するコンサートを行います。
洋楽は明治維新になって、国策で無理矢理導入されたものです。明治20年に東京音楽学校が創立されて以来たった25年で、どのような曲を演奏するまでに至ったのか、どんな曲目を夏目漱石が「ハイカラ会」と感じたのか、皆様に知っていただきたいと思ったからです。
会場は現代の上野の音楽の殿堂、 東京文化会館大ホールです。指揮は現在世界的に活躍している山田和樹氏。管弦楽は、山田氏の東京芸大学生時代からの仲間による「横浜シンフォニエッタ」です。チェロ独奏は実力派の遠藤真理さん、ピアノ独奏はミュンヘン音大で教鞭をとる川﨑翔子さんです。
 さて、大正5年、漱石は胃潰瘍が悪化して49歳で他界します。結局、漱石は生涯に少なくとも10回のコンサートと2回のオペレッタを体験していました。オペレッタ「ボッカチオ」は、娘と一緒に帝国劇場で観ています。
 ご静聴、ありがとうございました。

|

2017年8月29日 (火)

「気候変動の国際交渉と日本」

7月20日卓話要旨
外務省国際協力局 気候変動課 課長補佐 太田代 身生 氏
(廣瀬 元夫会員紹介)

1

   気候変動をめぐる科学的知見については、1988年、世界気象機関(WMO)と国連環境計画(UNEP)が共同で設立した「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)報告書が重要な役割を果たしてきました。世界の平均気温は過去100年で0.74度上昇し、近年になるほど温暖化傾向が加速しています。
また世界平均海面水位は過去100年で17センチ上昇し、こちらも近年になるほど上昇傾向が加速しています。気候変動が地球に及ぼす影響が明らかになる中、大気中の温室効果ガスの濃度安定化のため、1994年、国連気候変動枠組条約が発効しました。温暖化は産業革命以降、先進国の経済活動に因るところが大きいとして、条約では、先進国と途上国の取り扱いを区別していました。先進国の取り組みをさらに具体化したのが京都議定書です。経済活動の制約になると考えたアメリカは締結に至りませんでした。日本は第二約束期間に参加しませんでした。
 この間、中国やインドといった新興経済国の温室効果ガス排出量が増え、先進国だけが削減努力だけでは不十分であることが認識されるようになってきました。そのような中、2016年、数年にわたって交渉されてきたパリ協定が発効しました。パリ協定では、全ての国が自主的に削減目標を掲げている点が大きな特徴となっています。
 気候変動を巡る国際交渉は、様々な分野にわたるため、関係省庁のほか、研究所やNGO、民間企業も参加します。国連気候変動枠組条約締約国会議の他、様々なフォーラムで公式・非公式に交渉が行われることもあり、外務省が日本の交渉の調整役を担っています。
 現在では、中国の温室効果ガス排出量はアメリカを上回っています。アメリカがパリ協定からの脱退を表明したとき、中国はパリ協定を実施していくと決意表明しました。中国をはじめとする新興経済国は、経済成長を実現する一方で、深刻な環境問題にさらされており、経済成長一辺倒では、持続可能な社会経済発展は望めないことを理解しているのです。
 パリ協定では長期目標として、世界的な平均気温上昇を産業革命以前に比べて2℃より低く保つともに、1.5 ℃に抑える努力を追求することを定めています。そのためには、各国の削減努力や、資金提供や技術移転を通じた国際協力を進める必要があります。さらに、大幅な排出削減のためには、イノベーションが果たす役割が重要になってきます。
 気候変動対策では、「緩和」と「適応」という言葉がよく出てきます。温室効果ガスを削減し、環境に対するインパクトを緩和する、あるいは、実際に発生している気候変動の影響に適応するという具合です。温度上昇を抑制するためには、緩和努力をどんどん進めていきたいところですが、気候変動の影響は均等にもたらされるわけではなく、特定地域において、大きな影響が出る傾向があります。たとえば、島嶼国にとっては、海面上昇による領土の減少や、ハリケーン被害の甚大化などは国の存続に関わる問題になります。緩和と適応の両方を進めていくことが重要になります。
 気候変動対策には、資金動員が必要です。これまで、ODA(政府開発援助)やOOF(公的資金)が中心となってきましたが、これからは、民間資金を動員する仕組みを整備していくことが必要になってきます。保険分野や、再生可能エネルギー、気候変動対策に資する技術を使ったビジネスなどをいかに活用していくか、大きな課題です。
 パリ協定で日本が提出した目標値は、2030年度に2013年度比▲26.0%(2005年度比▲25.4%)の水準(約10億4、200万t-CO2)です。パリ協定では、各国が自主的な削減目標を掲げていますが、国によって基準値や実施期間などが異なるので、どれだけの削減量になるのか、また、本当に野心的な目標なのかといった判断が難しく、今後の実施指針を策定する交渉の最も重要な部分になっています。日本は、オイル・ショックを経て、世界水準でも省エネを達成しています。国内対策を進めながら、省エネを進めようとする途上国への協力が期待されています。
 気候変動交渉には、外交交渉のエッセンスが凝縮しています。また、科学や法律の知識も必要となるため、大変ですが、とてもやりがいのある仕事であると思います。

|

2017年8月 8日 (火)

「男性ホルモンの補充で日本再生」

7月13日卓話要旨
大東製薬工業株式会社 代表取締役社長 福井 厚義 氏
(藤井 隆太会員紹介)
1

   弊社はトノス、ヒメロスなどの性ホルモンの塗り薬と、心因性EDにおすすめのヨヒンビン製剤・ガラナポーン等で半世紀余の実績を積んでいます。いわゆる精力剤メーカーとしてご存知の人がいらっしゃるかも知れません。「精力剤なんて本当に効くの?」という声もいただきますが、私自身の経験から申しますと、弊社製品は精力剤というより、誰にでも有り得る性機能症状の生活改善薬であり、娯楽というよりも生活の質(QOL)を改善する医薬品です。これが、弊社製品のコンセプトであり、私のライフワークとなりました。
 さて、過日の神田祭の賑わいを見て思いましたが、やはり男が元気でなければ、世の中も元気になりません。ところが、今の日本は少子化、晩婚化が進み、草食系が増えて性的に無関心。セックスレス化を示すデータもあります。データを見ていると、夫の女性化と妻の男性化という印象もあります。その行く末は、人口も働き手も減り、国内市場が収縮して、日本経済が世界経済から取り残され、高齢化と共に介護医療費が増え、生活習慣病の医療費と相まって社会保障費が膨らみ、財政が破綻する将来像。これは、皆様ご存知の通りです。
 そこで男を元気にする男性ホルモンの話になりますが、そもそもホルモンとは特定の器官に対してスイッチを押して回る役割をする物質です。ホルモンには様々なものがありますが、その中で、男性ホルモンは男らしさに関係するホルモンです。主にテストステロン、DHT、DHEAの三つが知られていますが、代表的な男性ホルモンといえるテストステロンについて話を進めて行きます。テストステロンは、米国の女性研究者によると、著書の中で若きマーロン・ブランドにたとえて「セクシーで、肉感的で、魅惑的で、危険の香りがする男性を演出するホルモン」と評しています。即ち、身体への作用だけでなく、アグレッシブな精神作用もあるわけです。
 近年注目されているのは、テストステロンの分泌が減ると善玉コレステロールのHDLが減る一方、悪玉のLDLが多くなり、血管の状態に悪影響を及ぼすことです。毛細血管の塊と言える陰茎は、自ずと血管の状態が悪くなれば真っ先に影響を受けてEDになりやすくなりますが、血管の状態を良好に保ちEDを防ぐ意義からも、テストステロンが重要なのです。
 そのテストステンの体内レベルですが、髙すぎても低すぎても健康リスクになります。近年の研究では、低すぎる人は寿命を縮めることが分かって来ました。テストステロンのレベルは、加齢やストレスで低下しますが、身体症状、精神症状、性機能症状に関係します。テストステロンが不足すると、性機能や気力が衰え、疲れが出やすくなり、身体の痛みや頻尿など様々な症状がQOLを悪くします。一時期、更年期障害は女性だけでなく男性にもあるとメディアが盛んに紹介していましたが、医学的には約10年前にLOH症候群として定義されました。
 そこで、テストステロンを丁度よいレベルに維持する方法を申しますと、やはり健康的な生活習慣が重要です。すなわち、規則正しい生活リズム、十分な睡眠、禁煙、バランスの取れた食生活、適度な運動習慣を維持することです。仕事、プライベート、性生活がストレスなく健全であれば良いのですが、現に困難な人は多いでしょうし、程度の差はあれ加齢にともなうテストステロンの減少は避けられません。自ずとLOH症候群は誰にでも起こり得ることなのです。
 LOH症候群になったとき、不足したテストステロンを補充するには、泌尿器科などの医療機関に通院して、定期的に注射剤で補充するのが一般的ですが、近年は弊社製品の塗り薬・グローミンで補充する施設が増えて来ました。効き目が強い注射剤ほど多すぎず、正常域の範囲で少しずつ補充できることが特徴です。市販薬なので、忙しくて通院できない人は、お取り扱い薬局で購入できます。「グローミン 薬局」で検索しますと、弊社HPのお取扱い薬局のご案内ページが上位にヒットしますので、ご覧ください。また、「e健康ショップ」で予約しますと、全国1万3千軒余の調剤薬局でお取り寄せもできます。
 テストステロンの補充で正常レベルを維持させて、バイタリティを維持、向上させる。男が元気になりGDPが上昇し、子供が増えて、健康寿命が延伸し、社会保障費が圧縮する。そうなれば、日本が再生するかも知れません。

|

« 2017年6月 | トップページ | 2017年9月 »