« 「IoTとは何か-我々の生活をどう変えるか」 | トップページ | 「米山月間に因んで」 »

2017年10月27日 (金)

「ロータリー財団月間に因んで」

10月5日卓話要旨
地区補助金委員会委員 浜田 章男 氏
(玉木 勝会員紹介)

1

   今日は地区補助金委員会副委員長の松林 茂さんに応援に来ていただいて、大変心強くお話ができます。自分がクラブ会長の頃は「財団は集金マシーン」と嫌味を言っていましたが、立場が変わったので「浄財ボックス」ということにします。
ロータリー財団は設立100周年を迎え、当地区では改めて「はじめの一歩」と位置付けています。神田RCからは前年は約1万ドルの寄付を頂きました。アーチ・クランフさんの提唱で財団という基金が創られて、今年のアトランタ大会では100歳パーテイーで皆でケーキを食べましたが私は食べ損ねてしまいました。昨秋の記念シンポジウムにはしっかり参加しています。
財団の使命に沿い皆が協力すれば小さな行為でもバタフライ効果によって大きな成果につながります。新都心RCのネパールでの沢山の井戸の設置も、ゆくゆくは村や国の繁栄につながることになります。 
さて、財団への寄付金は世界で年270億円で収支はきわめて健全です。年次基金が約半分、ゲイツ財団からの援助が約1/4です。一人当たりでは16,000円となります。RIとの全体では1,000億円を超える資産で専門家も交えて投資にまわされておりチャリティナビゲータで満点の評価を得ています。
100周年度には募金目標3億ドルを超えました。主要なプログラムは3つですのでシステムは判り易いです。
ポリオについてはワクチンで免疫をつくるのが最善の予防です。生ワクチンは熱に弱いので管理・運送も大変です。パキスタンでは駅などで子供を見つけるとすぐに投与することも行っています。イスラム圏では「子供の口に薬を入れる」こと自体拒否されることも多かったそうで苦労が続きました。活動はWHO、ユニセフ、CDCも協力し合ってきています。アトランタ大会では日本政府からも5,500万ドルの寄付が約束されました。発症地域は限られてきましたが徹底撲滅しないと再び20万人が発病します。皆様の寄付を宜しくお願いします。
東京麹町RCの山田ツネ氏と峰英二氏によってこの活動が財団の事業として取り上げられました。インドでの惨状を見て免疫プロジェクトを提唱しRIに訴え、現地で奉仕活動を続けましたが、不幸にも病原菌に犯されて他界されました。当地区の皆様には記憶にとどめておいて頂きたいと思います。
 平和フェローシップは、今、50か国以上の国際紛争のある中で、平和の推進者の人材を育てる奨学金制度です。6大学で学ぶ候補者を選抜します。日本ではICUで毎年10名が学んでおり、短期はタイの大学でして、即戦力としてユニセフ上級職で活躍中です。ICUの学生のカウンセラーとして、東京青梅RC・東京北RC・東京練馬西RC・東京ベイRCの会員方が目立たないところで奉仕していただいています。一人20ドルの寄付にご協力を下さい。
 補助金プロジェクトは8年間で61クラブが活用してきました。100件を超え4,200万円が使われています。3年前の寄付の半分が地区に戻ります。小規模な活動で最大40万円まで。
神田RCでは被災地の幼児園などの支援をしてきました。プロジェクトは主に3つに分類でき、ミシン・卓球台寄贈や、ブランコ・浄水器設置、母子支援・いじめ防止イベントなど。お役所と相談するクラブも多いようです。承認まで1年かかるので最初の年はクラブ自費で実行して次の年に補助金を使う方法もお薦めです。
 グローバル補助金は総額3万ドル以上の活動に対してで、神田RCは4年前に台湾安和RCの麻薬撲滅活動に協力しました。日本が途上国を支援しているケースが多いようです。東京新都心RCの例・奨学金の例をご覧下さい。
 当地区の寄付は前年度67万ドルで、89年以降では2番目でした。年次基金76%が多く、4つの基金ではポリオやフェローの理解が足りないようです。図の黄色い線を短くできるように協力を願います。表彰制度もありますし、税制の優遇もあります。最後に時間を残しましたので、松林副委員長にご挨拶を頂きます。

【地区補助金委員会 副委員長  松林 茂 様】
補助金委員会では申請を選別することはなく、できれば全て承認して援助をしたいと考えでおります。過去の皆様の寄付から補助するのですから、自分たちのお金を使うと考えていただいて、積極的に申請をして頂きたいと思います。

|

« 「IoTとは何か-我々の生活をどう変えるか」 | トップページ | 「米山月間に因んで」 »