« 「児童養護施設18歳の巣立ち応援」 | トップページ | 「藤井四段に見る才能の違いと将棋脳の活用法」 »

2017年12月 8日 (金)

「バギオ基金について」

11月2日卓話要旨
多田 宏 会員
(一般財団法人 比国育英会バギオ基金 会長)

1_3


   バギオ基金は、東京神田ロータリークラブも設立当初から関係しています。大東亜戦争が1945年に終戦を迎えたとき、フィリピンには軍人、軍属、民間の日本人が約60万人いました。戦前のフィリピンは、アメリカ合衆国の統治下にあり、戦時中に日本が3年ほど統治したのですが、日本が劣勢になって、約60万人の日本人が北ルソン島北部にある標高約2000mのバギオに逃避行しました。しかし、その途中で50万人が餓死もしくは疾病で亡くなりました。
 それは日本が連合国に無謀な戦争を仕掛けたからだと言う人もいますが、こうした悲劇が起きたことは今の学校では教えません。食べる物もない状況で、カエルやノネズミを捕って食べたといいます。終戦後の食料難の中、生産手段を持たない会社員、官僚、教師などは困窮を極めましたが、フィリピンも同じでした。さらに、バギオでちりぢりになって生活していた日本人の子どもたちを教育する場がないことが問題となりました。
 そういう中、静岡県出身で東京師範学校を出たシスター・テレジア海野さんは、退職後に教会の関係でルソン島に渡り、あまりにも悲惨な日本人の状態を見て、バギオで苦しむ子どもたちを支援してほしいと日本のロータリーに声を掛けました。確か神田RCにも来られたはずです。
 ロータリアンの中には、フィリピン戦線に従軍して、戦後成功された方々がかなりおられます。このクラブにもそういう関係でかなり力を入れた方がおられました。そして、1981年、当時の258地区が支援の手を挙げ、バギオ基金に協力しました。最初は個人の協力にとどまっていましたが、城西RCの会長を中心に支援が広がり、協力基金が随分集まりました。地区大会でも財団の寄付、米山育英会への寄付と合わせ、バギオ基金への寄付も必ずインフォーメーションしていました。
 しかし、風化により、バギオ基金について知らない人が増えてきました。米山は公益財団法人として発展し、ここ10年ほどは年間約14億円を集めていますが、バギオはフィリピン1カ国の若者に対する支援なので、公益財団法人になれません。そのため税制上の免除を受けられず、ここ十数年間、年間1000万円弱の寄付で細々とやってきました。私がガバナーのときの2009年ごろに財団化し、退任後も顧問を務めたのですが、今度は代表理事を引き受けることになり、神田RCにもバギオ基金の特別委員会をつくることをお願いしました。個人と違い、RCが寄付する分には税金は関係ありません。ですから、私は2017-2019年の代表理事として、そういうプロモーションを始めたところです。
 2009年の財団設立当初の基金は2億5900万円でしたが、現在は約3億円を運用しています。現在後援しているのは全国で380クラブ、34地区、個人は3970名です。現在までに受け入れた寄付金の総額は3億7140万円、事業費として毎年2000万円程度を支出しています。対象となった奨学生は延べ3579名、留学生として受け入れた者が14名です。
 終戦時、いち早く賠償金請求を放棄したのがフィリピンでした。非常に貧しい国にもかかわらず、それだけ親日的な国です。バギオではシスター海野をたたえる会館も建てられ、そこでは日本語教育も盛んに行われています。日本の文化や歴史をもっと海外に広めるべきだというのが私の考えなのですが、日本の高校における日本史教育は江戸時代で終わってしまうので、ほとんどの国民は明治以後の日本の歴史を知りません。  
バギオにおいても、お金を渡すだけでは駄目で、日本語や日本文化の真実を若い日系人たちに教えるべきです。バギオ訪問は、今まで38回実施していますが、延べ参加人数は1200名です。次回は来年2月に予定しています。50人乗りの飛行機をチャーターして現地へ向かいます。
現地では義務教育が中学までありますが、それを全うできるのは半分ぐらいです。子どもの労働力がないと生活できないからです。片やヘリコプターで飛び歩いている大農園主もいるので、極端な貧富の差が社会不安を生み出す土壌となっています。それをなくすには教育しかありません。教育がないと、いつまでたっても牛馬の生活を強いられます。読み、書き、そろばんがまず必要です。
そういう使命感に駆られて、仕事は社員たちに任せ、例会にも出てこられない毎日を送っています。
クラブのご支援をよろしくお願いします。

|

« 「児童養護施設18歳の巣立ち応援」 | トップページ | 「藤井四段に見る才能の違いと将棋脳の活用法」 »