« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月28日 (水)

「歯と全身の健康」

3月1日卓話要旨
黒田 昌彦 会員
(黒田歯科医院 院長)
1

   今日は、歯の健康と肺炎、老衰の関係についてお話しします。日本人の死因を2005年と2015年で比べると、がんが1位、心疾患が2位なのは変わりませんが、3位は脳血管疾患から肺炎になりました。そして、老衰で亡くなる方が7位から5位に上がりました。
 なぜ肺炎で亡くなる方が増えてきたのでしょうか。肺炎で亡くなる人の96%は、65歳以上の高齢者であり、その多くが誤嚥性肺炎です。私たちが咀嚼(嚥下)するときには、喉の筋肉が働いて喉仏が上に上がり、空気が通る気管にふたをすると同時に、食道を大きく開ける役割をします。年を取るとこの筋肉が衰え、食べ物が気管に入ってしまうのです。気管に入った異物を排出しようとする働きは、年を取ると衰えます。ただ、水や食物が気管に入っても大したことはありません。食べかすがばい菌と一緒に入ることが大きな問題であり、これが誤嚥性肺炎の起こる大きな原因となります。
 そこで、耳鼻咽喉科の医師、西山耕一郎氏が提唱する嚥下体操を皆さんにお勧めします。日本人の死因ベスト3のうち、予防できる可能性が最も高いのは肺炎なので、肺炎を老化現象として諦めるのではなく、ぜひ試していただきたいと思います。
 皆さんが食べ物を口に入れた直後は全くきれいなのですが、歯の磨き残しが悪さをするのです。時間がたつと、食べかすがだんだん臭くなって、生ごみのようになります。これをバイオフィルムといいます。唾液でも流れませんし、10回~20回うがいしても取れません。そして、磨き残しを繰り返すと、バイオフィルムがだんだん硬くなり、歯ブラシでも取れなくなります。それを歯石といいます。食後24時間たつと歯石になりやすく、48時間たつと取れなくなり、1週間たつとどんなにうまく歯ブラシを使っても取れなくなりますので、その前に取ることが必要です。歯石の表面は軽石のようにガサガサしていますから、歯石ができると余計に食べかすがくっついて取れなくなり、雪だるまのようにだんだん大きくなっていきます。
 歯石を取る一つの方法は、電動歯ブラシに替えることです。私は電動歯ブラシに切り替えて15年ぐらいになります。当初の電動歯ブラシは極めて大きく、振動も大きかったのですが、今はかなり進歩してきて、6000円ほどできちんとした製品があります。フィリップスとブラウンが2大メーカーです。歯が抜けてしまってから後悔しないようにしてください。また、既に歯が抜けてしまった方は、ぜひ入れ歯をきれいにすることを心掛けてほしいと思います。
 日本歯科医師会では25年前から、「8020」といって、80歳で20本の歯を残すことを提唱しています。25年前は、80歳の人で平均8本しか歯が残っていませんでした。歯は全部で28本あるのですが、20本以上残っていると入れ歯を入れずに済みます。そして、今はようやく半分以上の方が「8020」を達成するようになりました。20本残っていると、健康寿命も延びます。実際、1990年~2015年の25年間で日本人の健康寿命は約4年延びました。
 しかし、2015年の平均寿命が83歳、健康寿命が73歳ですから、10年ぐらいの差があります。私はこの差を縮めたいのです。老衰死は2000年には約2万人でしたが、2015年には約9万人になっています。理想は、がんと心臓病と肺炎をなくして、老衰死ばかりになることです。今までは、どの学会も診療ガイドラインで治す医療を目標にしてきました。それが最近、「自分らしく生きる医療」へと変わっています。患者さんが望む最期の迎え方に協力する医療が望ましくなったのです。私は、最期までおいしく食べたいと思います。嚥下を行うには噛むことが大事であり、そのためには歯が必要です。歯がない人は、流動食になってしまいます。噛む動作がないと、脳に刺激が行かず、認知症が早まります。噛むことで、脳内で記憶を取り扱っている海馬という器官が活性化するのです。
 経管栄養といって、喉に管を通して栄養剤だけで生きている方や、胃ろうといって、胃に穴を開けてパイプを通し、胃に栄養を直接届けて生きている方がおられます。そういう姿になることを皆さんは望みますか。最期まで食べていたいと思うのは私だけでしょうか。口腔ケアは大事です。皆さんでできないことは、機械に頼ってください。ぜひ歯医者に行って、衛生士の指導を受け、歯石を取ってください。毎食後、歯磨きをしてください。そして、ピンピンコロリを目指していただきたいと思います。

|

2018年3月12日 (月)

「千代田区の福祉の現状と地域包括ケアについて」

2月15日卓話要旨
千代田区社会福祉協議会 地域協働課長 梅澤 稔 氏
(小林 勝義会員紹介)
1

   千代田区の人口は昨年10月1日現在、5万9788名と増えており、高層マンションの建設で特に15~64歳、0~14歳の人口が増えています。ただ、子どもたちが独立した後、両親が区内に残り、パートナーが亡くなられるなどの理由で一人になられる方が非常に多くなっています。また、居住年数が5年未満の方が37.4%と多いことが、コミュニティー形成の大きな課題となっています。国では、高齢者だけの世帯や一人暮らしの高齢者世帯の生活を地域の皆さまに支えていただこうと、福祉教育の充実を進めています。千代田区では、学校において車いすやアイマスクの体験、ゴーグルを着けての高齢者の疑似体験などの授業を行っています。
 しかし、東日本大震災以降、ボランティアの人数は増えていても、ご近所の方の生活を手伝うようなボランティアの数はそれほど多くありません。また、高齢化でボランティアを辞めてしまう方も増えています。企業の社会貢献活動も活発になっていますが、多くの人が一つの場所でできる活動を紹介してほしいという企業の要望にすぐに応えるのは難しい状況です。一方、マンション居住者の4割が町会やボランティアの活動に関心を持っているというデータもあります。関心のある人たちをどうボランティアにつなげていくのかが区の大きな課題となっています。
 地域の支え合いやボランティア活動が重要になるのは、福祉制度のニーズが多様化しているからです。2000年に介護保険制度が始まって以降、介護サービスを受けたい方が増えていますし、ひとり親家庭や家庭内暴力などの問題も増えています。それから、持ち家はあっても生活費がないという生活困窮者も区内にはいます。そういう人たちを問題が深刻化する前に発見することも課題の一つです。
 区では、災害時の要介護者名簿を民生委員にお渡しし、見回りをお願いしていますが、手上げ方式なので、名簿掲載を希望しない方は情報が表に出ません。また、区職員1000名のうち、区内在住者が少ないため、夜間や休日に災害が起きるとすぐに対応できないことも問題です。また、過去の大災害の経験から、区内の大学や企業と区民との相互支援についても検討が求められます。社会福祉協議会では区内の学生団体と協定を結び、災害時の支援をお願いしています。区には福祉避難所が4カ所設けられていますが、このたび旧区役所跡地にできた「かがやきプラザ」も福祉避難所に指定されました。ただ、該当者をどのように福祉避難所に送るのか、どのようにサポートをするのかは検討が必要です。
 国では、医療と介護、生活支援・介護予防を一括して提供する地域包括ケアの構築を提唱しています。区には高齢になってマンション居住を選ぶ人も多いのですが、今まで住んでいた環境と違うため孤立している方も多いのです。食事や掃除、日常の生活費の支払いなどを自分でできなくなった人への支援も必要になります。また、介護予防も個人では難しいことです。国は生活支援や介護予防を、老人クラブ、自治会、ボランティア、NPOなどに担ってもらうことを期待しています。2025年には団塊世代が全員後期高齢者となり、増大する介護保険の財源が大きな問題となります。介護サービスのニーズの多様化と介護人材の不足が予想されることも地域包括ケア推進の背景にあります。
 区の介護予防の取り組みとしては、シルバートレーニングスタジオを多く整備し、かがやきプラザ内に高齢者活動センターを設けて、生きがい・仲間づくりを進めています。それから、介護サービスを開発して、外出サポートなど多様化するニーズに応えようと考えています。それから、自助・互助の推進に向けて町会内に福祉部をつくり、日頃から見守りや声掛けをしたり、茶話会を開いたりしてもらっています。1時間1000円で住民が家事援助を行う「ふたばサービス」も行っています。また、神田ロータリークラブのご支援で、施設におけるボランティア活動も進めています。人材確保に関しては今年度、区内の介護専門学校2校と協定を結び、学生のときから区内で実習やボランティアをすることで、区内の施設・事業所への就職を促しています。
 福祉活動に地域住民が関わってもらうためには「我が事・丸ごと」となることが必要です。神田ロータリークラブの皆さまと連携する取り組みができたら、またご相談したいと思います。

|

「NPO法人親子はねやすめの今」

2月8日卓話要旨
宮地 浩太会員
(NPO法人親子はねやすめ 代表理事)

2014年より活動を開始し、その翌年NPOの法人格を取得し現在に至ります。みなさまの日頃の声援ご支援のお陰で、少しずつではございますが活動の輪が広がってまいりました。本日は、みなさまの応援・御支援で活動に膨らみが出てまいりましたことをご報告し、それを感じて頂けましたら幸いです。
また、本日ご出席の東京お茶の水RCの牛島会長、お茶の水RC様からも毎月募金箱を回して頂き、ご寄付を賜っております。この場をお借りして深く御礼申し上げます。
私たちは、ご家族が孤立疲弊しないように生きる力と勇気を持って欲しい、社会とのつながりを感じて欲しい、家族そろって出かけられる社会になって欲しい、ごきょうだい児があれば、対象のお子さんとともにたくましく育って欲しい、障害を持つ方々と、社会の壁・垣根を低くしていきたいという想いで活動をしております。 
主な活動は、5つです。
1.親子レスパイト旅行(実施7回・19家族・88名)
2.きょうだい児へのイベント企画(実施6回・48名)
3.音楽演奏会の提供・・・17回 ( 聴衆500名以上)
4.ご家族を理解して下さる個人・団体・地域の創出。現在、長野県筑北村の有志のみなさま・八寿恵荘のみなさま・仙台秋保温泉街にある某ホテルがございます。そして今年、新潟にございますリゾートホテルが加わります。北海道旭川のホテルも活動を賛同頂いており、資金さえ集まればいつでも企画を立案し実施へ向かわせることができるようになって参りました。目指す全国にはまだほど遠いのですが、確実に広がりを見せています。
5.ご家族を誘い出してくれる個人・団体・地域の創出。松本・安曇野地区の医療介護関係のご婦人たちによる活動「ほっとくらぶ」の誕生。そして本年春ごろ香川で活動を強化したいという団体よりお誘いを頂き、かかわりながら団体が自立・発信して下さるように協力をしたいと思います。
親子レスパイト旅行について、昨年はカシオ計算機(株)による協賛・協力による第6回旅行会やFM放送J-WAVEに出演の際に聴いて下さった市民社会創造ファンドよりご指名・助成を受け、初めて東北の地で第7回旅行会を実施することができました。
また、受け入れる地域の婦人会の方々による夕食の提供や、医療ボランティアとして埼玉医大の有名な教授や台湾からの女医さんもこの活動を台湾でも実施したいと参加くださいました。昨年より東京の大学から、親子はねやすめの活動にボランティアとして参加させたいとの申し入れがあり若干名ではございますが、きょうだい児向け企画や旅行会に参加頂いております。みなさまに支えられての活動に、徐々にではございますが確実に団体の信頼と期待とを感じてきております。心より感謝申し上げます。
私たちは、障がいのある方の存在は知るものの仕事の上でも、普段の生活においてもお会いするケースはとても少ないです。この日本において、障がいのある方の人口は約860万人だそうで、国民の約7%が何らかの障がいをお持ちであるという計算になります。
そして、親子はねやすめの主な対象となるお子さんは、約17,000人という数字が示されました。命を救われ、懸命に生きています。医療の進歩とともに今後、救われる命はますます増えていきます。とても嬉しいお話なのですが、社会的制度がまだ追いついていないことやどこまで対応できるかは疑問が残ります。今までにないタイプの障がいのあるお子さんと、親御さんのご苦労に社会がもっと寄り添い、同じ国民として支えていく必要があると考えています。ご家族の健康と笑顔は、重い障がいや病気と闘うお子さんにとって何にも代えられない支えです。同時に、ご家族が孤立疲弊しないことは日本の経済にとっても重要なことであることを私たちは常に意識し活動を続けてまいります。
みなさまの日頃からの応援、ご支援に心から感謝し、より活動を広げられるよう努力してまいります。今後とも温かく見守っていただければ幸いです。

|

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »