« 「更生保護法人両全会の社会復帰支援活動」 | トップページ

2018年5月22日 (火)

「スキーと健康(平昌オリンピックのエピソードを交えて)」

4月19日卓話要旨
プロスキーヤー 三浦 豪太 氏
(大岩 紘会員紹介)
1_2

   私は、平昌オリンピック開会式5日前の2月4日から平昌に入って取材を続け、2月24日に帰国しました。帰国後、私の解説が話題になっているという話を聞いたのですが、「しまった!」と思った解説が二つありました。一つは、ノルディック複合の渡部暁斗選手とハーフパイプの渡部由梨恵選手の夫妻のことを、「違う種目ながらも夫婦で冬季五輪に出場したのは初めてではないか」と紹介したことです。ところが、私の後輩である上村愛子とアルペンの皆川賢太郎の夫妻の方が先だったので、後で上村に謝りました。
 もう一つは、スロープスタイル競技は右回転と左回転の両方を決めないと評価されない種目なのですが、金メダリストのパフォーマンスのときに、「同じ4回転でも、羽生結弦君も真っ青ですね」と言ってしまったのです。その翌日からツイッターでたくさんの書き込みがあり、大変な目に遭いました。いずれにせよ、選手たちの活躍によって平昌五輪は実り多い大会だったのではないかと思います。
 日本の長寿研究の基礎は、私の祖父・三浦敬三が行っていた体操や食べていた物、生活習慣などが根底にあります。アンチエイジング(高加齢医学)の第一人者である白澤卓二教授によると、三浦家は「長寿エリート」の家系なのだそうです。何かしら長寿の秘密が隠されているのではないかと考え、祖父敬三と父雄一郎をモルモットにしていたのが、私のアンチエイジング研究のきっかけでした。
 二人を身体測定してみると、実年齢よりも若い体力だったのです。100歳を過ぎてもスキーを続けた敬三の場合、足の骨密度が40歳も若い数値でした。下半身に力が加わるおかげで、骨が強くなっていたのです。筋力も同じ傾向でした。ですから、100歳までスキーを続けたことと健康長寿には接点があるのではないかと考えました。骨は変化が小さいと思われがちですが、5年に1回ほど新陳代謝しています。古い骨を壊す破骨細胞と新しい骨を作る骨芽細胞のバランスで成り立っていて、骨の周りの骨膜に刺激が加わると、破骨細胞を一時不活性化、骨芽細胞を活性化させて骨を生成し、カルシウムを体内にためていくのです。
 健康長寿のもう一つの要因は、ビタミンDの活動ではないかと考えています。コレステロールがビタミンDに変わるには、紫外線がとても重要な役割を果たします。つまり、私たちが悪玉だと思っているコレステロールがビタミンの先駆体になっているのです。ビタミンDがなければ骨や筋肉は組成できないのですが、現代人は室内にいる時間が長いので、ビタミンDが不足しがちです。太陽の光を1日30分も浴びれば、1日に必要なビタミンが生成されるはずです。
 人の体を作るには、骨や筋肉を作るビタミンDと、体を組成する神経をつかさどる葉酸が必要ですが、葉酸は紫外線に弱い栄養素です。低緯度に住む黒人の肌が黒いのは葉酸を紫外線から守るためであり、高緯度地方に住む人に白人が多いのは、ビタミンDを多く生成しようとするためです。つまり、地域によって人類の肌の色に違いがあるのは、ビタミンDと葉酸のバランスを保つためなのです。
 ですから、わずかな日照時間でも屋外でウインタースポーツをすることで筋肉や骨を強くしますし、最近ではうつ病の抑制にもつながることが分かっています。特にお勧めなのはスノーシューです。技術がなくても誰でも楽しめるからです。私はアンチエイジングを目的としたスノーシューキャンプを実施しています。
 これからの季節は登山シーズンですが、登山も理想的な有酸素運動です。ジョギングよりも足などへの負担が軽く、特に坂を下る運動はエキセントリック運動といって、糖を積極的に使う速筋線維を優先的に使うので、糖尿病予防の効果が大きいのです。つまり、血糖値をコントロールする上では、上りの運動よりも下りの運動が重要です。
 スキーやスノーボードも下りの運動であり、アウトドアですから、とてもいいスポーツといえます。これらのスポーツは技術的にも奥が深く、いろいろなところを追求できるという利点もあります。
 それから、3年前の論文によると、ゴルフをしている人はしていない人よりも、70歳を過ぎてから5年後の生存率が50%も高かったそうです。しかもハンディキャップが低いほどその傾向が強いことも分かっています。皆様もゴルフを思う存分楽しんでください。

|

« 「更生保護法人両全会の社会復帰支援活動」 | トップページ