« 「地域現場目線で見た地方創生」 | トップページ

2018年10月 9日 (火)

「ロータリーの友にまつわるあれこれ」

9月20日卓話要旨

ロータリーの友 編集長 野崎 恭子 氏
(纐纈 公夫会員紹介)
1_5

    『ロータリーの友』は、日本のロータリーの地区が1952年に東日本と西日本に分かれたとき、会員相互の意思疎通を図ることを目的に生まれました。当初の発行部数は3300部で、ほとんどの会員の皆さんが購読されていたそうです。その後、1977年に国際ロータリー(RI)で公式地域雑誌の規定が設けられ、日本では『ロータリーの友』か『The Rotarian』の購読が義務となり、『ロータリーの友』を毎月200円で皆さんに購読していただいています。
 RIの公式地域雑誌の条件の一つとして、『The Rotarian』の記事からRIが指定してきた記事を掲載することが決められています。『ロータリーの友』の目次に「RI指定記事」というマークの付いた記事がそれに当たるので、少なくともその記事は読んでいただきたいと思います。そのほかの条件として、7月号の表紙にはRI新会長の写真を掲載すること、雑誌の内容の50%以上がロータリーについてであること、年6回以上発行し、各号24ページ以上であることなどが決められています。世界で32種類の雑誌が作られていて、それらを「ロータリー・ワールド・マガジン・プレス」と総称しています。
 ロータリーの友事務所に寄せられる問い合わせで一番多いのは、横組みと縦組みの記事をどのように使い分けているのかということです。創刊時は横組みでしたが、俳句や短歌のコーナーが出てきて縦組みも取り入れるようになりました。
現在、横組みはRI指定記事やロータリーが力を入れている活動の特集など、縦組みは皆さんの投稿を中心に掲載しています。あくまでも会報誌ですので、ロータリアンの皆さんからご意見をどんどんお寄せいただき、全国の皆さんとディスカッションする場になればと考えています。
ご投稿に関しては、年間に700件くらいのご投稿をいただいており、掲載されるのは7~8割くらいです。活動をされた場合は、1カ月以内にご投稿ください。
 2016年7月号から、『ロータリーの友』のサイズが大きくなり、A4判変形からA4判になりました。この理由は経費削減です。『ロータリーの友』は多いときで月14万2000部発行していましたが、現在は9万5000部ほどです。赤字を解消すべく、一般的なA4判に変更することで年間900万円ほど経費を節減しています。 今年7~8月号にかけて、紙質も変えました。青に近い白から、きなりっぽい色に少し変えることで、年間約300万円を節減できる予定です。しかし、広告収入がなかなか入らないので、近いうちに値上げするかもしれません。広告を出してくださる方がいらっしゃれば、ぜひお声掛けください。
 私が編集長になって1年2カ月たちました。毎月、締め切りに追われていますが、何とか月1冊出しています。
8月の地区代表委員の会議では、紙面でロータリーの精神的なことを学んだり、議論したりする場がもっとほしいという意見も頂いたので、そうしたことを掲載できる場をもっと作っていきたいと考えています。
 編集長になると2年に1回、RI本部の編集者セミナーに出席しなければなりません。私は今年5月に出席したのですが、英語圏の人たちから見ると、表紙の「THE ROTARY-NO-TOMO」の「NO-TOMO」が、否定語が入っているように思うそうなのです。そこで10月号から毛筆の「ロータリーの友」のロゴの上にある文字を、「The Rotary-no-Tomo」から、
「ROTARY WORLD MAGAZINE PRESS」に変えました。これで外国の方にも、怪訝そうな顔をされることなく日本のロータリーの雑誌としてお渡しになれると思います。
 RIは現在、公共イメージの向上やブランディングの構築に力を入れていて、近いうちに本部からロータリーのロゴを入れるように言われるのではないかと思っています。そのときに、『ロータリーの友』は日本語ですし、毛筆で書いてあるので、ロゴとどう合わせていくかが課題になると思います。
 私たちの事務所は芝公園にありますので、何かありましたら気軽に立ち寄っていただきたいと思います。
9月号の表紙には、「Rotary」のスペルが隠れているのですが、お気付きになりましたか。ぜひ『ロータリーの友』を楽しんでいただければと思います。

|

« 「地域現場目線で見た地方創生」 | トップページ