« 「東京オリンピック1年前」 | トップページ | 「帰国報告」 »

2019年9月11日 (水)

「芸術文化振興の新たな取り組み ちよだ芸術祭」

8月29日卓話要旨
オペラ歌手・ちよだ芸術祭プロデューサー 志田 雄啓 氏
(堀田 康彦会員紹介)
2019829
 ちよだ芸術祭は、子どもから大人までに良質な音楽を届けることを基本的な姿勢としています。公募の合唱団やワークショップなどを開催して音楽に触れる機会を提供することと、ワテラスのロビーや和泉小学校、かがやきプラザ、かんだ連雀などいろいろな所に歌手を派遣して身近に音楽を楽しんでいただくことという、二つの事業を展開しています。
 ちよだ芸術祭が他の芸術祭や演奏会と異なるのは、発起人が芸術家であるということでしょう。これは当たり前のことではなくて、大半は行政が旗を振り、高名な先生を連れてきて文化祭や演奏会を行うパターンか、民間から盛り上がって区が助成金を出すパターンです。しかし、行政主導の場合、3年間ぐらいで助成金が切れるので、その時点で立ち消えになることが多いのです。高名な先生は地元に何の思い入れもありませんし、市民も有名な先生がいなくなるならもういいかというふうに受け入れてしまいます。一方、民間の愛好家が行政に支援をもらう場合はどうかというと、企画自体は大変素晴らしいのですが、つてがないので、良質な音楽家に出会ってさらにいい芸術祭にする部分で難航します。
 そういう点でちよだ芸術祭は、私を中心とした芸術家が発起人となり、区民の皆さんに徐々に広がって、堀田様にも協力していただいて、区の支援を頂く形でだんだん盛り上がっています。地元に根差し、ボトムアップで盛り上がっていく芸術祭として、これまで見たことのない感じで行っています。
 特徴の一つは、一緒に触れ合うところです。一般からの公募で合唱団を組織していて、稽古は10回あるのですが、そこにプロの歌手2~3人が参加しており、舞台ではプロのソリストと市民が一緒に歌います。芸術において一番良いのは、上手な人の隣で歌ったり、近くで感じたりすることです。これが芸術文化の振興で一番重要なことだと思っています。例えば、とても高名な歌手の歌唱を100m離れて聴いたところで、感動はしますが、それだけです。しかし、そこまで高名ではなくとも、素晴らしい歌手が同じ歌を5cmの距離で歌っていれば、効果は全く違うと思います。そのような思いで、ちよだ芸術祭のコンサートに臨んでいます。参加される方は面白いと思ってくださっているようで、90人ぐらい集まってだいぶ盛り上がっています。
 もう一つの特徴は、触れ合いの場を提供することです。私の経験からもぜひ推進したいと思っています。私が東京藝術大学の学生だった頃、あるパーティで歌ったところ、主催者の社長の小学3年生ぐらいの子どもが楽屋に来て、「素晴らしい歌だった」と15分ほど語ってくれたのです。それを見ていた宮田学長から「いいことをやったな」と褒めていただきました。人は一定の年齢に達すると、美しい絵を見ても演奏を聴いても、良いと思えなくなるそうです。「その子は、これから良いものを見たり聞いたりしたときに感動する気持ちを与えられた」と宮田学長はおっしゃいました。ですから、小さな力ではありますが、私は地元・千代田区でそういう機会を少しずつでも子どもたちに与えられたらと思っています。また、私は病院や養老院に行って歌う機会があるのですが、歌うと皆さん大変感動されるのを何回も見てきて、社会貢献は特にしなければならないと思いました。この二つの気持ちで事業を進めています。
 芸術祭に参加してくださっている歌手や演奏家の皆さんは、音楽的にも人間的にも大変信頼する方々で、今回の趣旨を理解して積極的に関わってくださっています。小学校に行って歌うと、やはり何か衝撃があるようで、子どもたちは目を丸くします。そういう顔を見て、帰りの電車の中では「やってよかったね」という話をされています。このように直接触れて、参加して、芸術家と市民がより密接に絡み、交流することを目標にして、ちよだ芸術祭を進めています。
 将来的には、居酒屋などに入ったときにその辺に座っている人から「この前のコンサートでは声がおかしかったね」と言われるような、いろいろな場所で音楽談議ができるような環境になれば素晴らしいと思っています。音楽談議ができるということは、それだけ音楽が好きだということだからです。
 私はちよだ芸術祭を10年は絶対に続けていきたいと思っていて、これから先、神田の街がどのように変わっていくのか楽しみです。ぜひとも皆さまのご協力をお願いできれば幸いです。

|

« 「東京オリンピック1年前」 | トップページ | 「帰国報告」 »