« 「田辺茂一と紀伊國屋書店」 | トップページ | 「明治東京の西郷隆盛~その実像と生活」 »

2019年10月 9日 (水)

「バギオ訪問への誘い」

9月12日卓話要旨

鈴木 一行会員
(一財)比国育英会バギオ基金 理事)
2019919
本日は、来年3月に皆さんをバギオにお誘いするためにお話ししたいと思います。
 バギオのあるフィリピンには、明治時代から多くの日本人が入植し、豊かな生活を送っていました。しかし、その人たちが戦争に巻き込まれ、実際には終戦の9カ月前から、約3000人の日本人または日系の家族がマニラからバギオを目指して逃避行しました。中には、背負っているわが子がうっとうしくなり、死んでしまえばいいと思う人もいたほどで、想像を絶するような状況だったようです。一方、日本人や日系人がいわれのない罪で処刑されていました。カルロス寺岡さんもそうした経験をした一人でした。バギオで暮らしていたカルロスさんの家に、ある日、日本軍がやって来ました。父が病気で亡くなって以来、カルロスさんの家を支えていた兄のビクトルさんが、ゲリラに通じているとして憲兵隊に疑われ、殺されたのです。逆に次兄はフィリピン人から殺されてしまいます。
 戦後も日本人は現地の人たちの憎しみの的になっていました。3000人のうち、日本へ帰った人たちもいますが、フィリピン人のお母さんとその子どもということになると、残念ながら日本へ帰れません。そして、その子どもたちは日系人であると分かってしまうと、現地のフィリピン人から迫害を受けて、まともに生活できる状況ではありませんでした。そこへ救済の手を差し伸べたのが、カトリック修道院のシスター・テレジア・海野さんでした。彼女は還暦を機に、フィリピンの貧しい人々のために余生を捧げるべく、1972年バギオ市の修道院に赴任しました。迫害を恐れて日系人であることを隠し、想像を絶するほどの貧しい生活をしている人々を探し出し、その存在を明らかにして、救済、生活向上、育英に心血を注ぎました。現在、ロータリアンを中心にその活動を支えているのが、(一財)比国育英会バギオ基金です。
 さて、実際に私がバギオへ行ってきたときの様子を交えて日程を紹介します。まず、マニラからバギオへ行くとき、マニラ市内は非常に渋滞するので、警察官が先導してくれました。今までは1日目にバギオまで行っていたのですが、今回の訪問では途中のクラークで宿泊するので、かなり楽だと思います。1日目の懇親夕食会は、参加したメンバーだけで行います。厳しい体験をしたカルロスさんは、ご高齢ですが我々を迎えてくれます。ゆっくりと話され、とても穏やかな方です。
 2日目の午後、バギオ基金の寄付金によっていろいろと設備を整えたバギオ近辺の小学校を訪問します。カルロスさんが寄付金の受け入れ口になっているので、必ず地元の学校に資金が亘ります。夜はアボン会館に奨学生が集まり、一緒に食事をします。彼らは目がとてもきれいです。
 3日目の午前中は、AとBのコースを選択することができます。Bコースは日本人墓地へ行きます。ここにはフィリピンで亡くなった日本人やシスター・テレジア・海野さんのお墓があります。日本人墓地からは1000m以上の高地にあるバギオの住宅街を展望することができます。Aコースは奨学生の家庭をジプニーという乗り物に乗って訪問します。これはとてもいい経験になると思います。バギオを昼ごろに出て、夜にはマニラへ帰ってきて夕食会をします。余興でマニラ芸術大学の学生が民族舞踊やギターの演奏をしてくれます。フィリピン人は全般的に音楽の才能があるのか、非常に質の高いものを見ることができます。
 4日目は市内視察で、飛行機の出発時間までマニラの名所を幾つか巡ります。来年3月の時には行けないと思いますが、今年の2月、私は妻と一緒にスモーキーマウンテンへ行きました。不法投棄によってメタンガスが発生し、いつも煙が出ているのでこのように呼ばれていますが、そこに住み込んで管理している人たちもいて、以前よりは犯罪が起きなくなったそうですが、衝撃的でした。
 以前より楽な日程になったのは、バスでの移動が1日目と2日目の3時間ずつになったことです。3日目は6時間弱ですが、フリーウェイが整備されているので、それほど乗り心地が悪いことはありません。フィリピンは発展途上ですので、まだまだ面白いところが沢山あります。ぜひ一度行って頂きたいと思います。

|

« 「田辺茂一と紀伊國屋書店」 | トップページ | 「明治東京の西郷隆盛~その実像と生活」 »