« 「 米山月間に因んで 」 | トップページ

2020年11月17日 (火)

「親子はねやすめ活動報告」

10月22日卓話要旨
宮地 浩太 会員(株式会社東京洋紙店)
(特定非営利活動法人 親子はねやすめ 代表理事)

Photo_20201117113401
 卓話にお招き頂き誠にありがとうございました。卓話の際にお話した内容を補足しながら、10月26日(月)にご家族の要望で実施致しましたホームコンサートの様子を、僅かではございますが、感謝の気持ちを込めてご報告申し上げたいと存じます。
 新しく入会された皆様に活動6年間を振り返ることで団体を紹介させて頂きました。医療的ケアの必要なお子さんを持つご家族は、お子さんの介護で四六時中休む暇のない生活をしておられ、また「死んでしまうかもしれない」という強い緊張感の中で、日々を過ごしています。そこには社会からの孤立感が生じやすく、ご家族が疲弊しやすい環境下にあると言えます。
私たち「親子はねやすめ」は、そんな家族に生きる勇気、社会との結びつき、ひと時の休息を提供しご家族に寄り添う団体です。主に3つの活動を実施しております。一つ目は、複数のご家族をお誘いし、旅行にご案内する活動です。お連れする医療的ケアの必要なお子さんの状態を熟知する医療ボランティアさんにも参加頂き、親御さんから日々の介護を旅先にて開放します。2014年から始めこれまでに実施9回、26組のご家族、合計119名を案内しました。
二つ目は、医療的ケアの必要なお子さんのきょうだい児向けの企画を実施しております。日頃親御さんは、介護に忙しく、きょうだい児の相手をしてあげられません。甘えたいのに甘えられず、幼少時期から寂しい時間を過ごしています。そこで、大根堀り、スキー、海水浴、餅つき、その他多数企画を実施しました。実施12回、お子さん延べ101名が参加されています。
そして三つ目の活動は、医療的ケアの必要なお子さんも含め家族そろって日帰りお出かけ企画、演奏会やバーベキュー等々、東北仙台では茶話会も実施しました。実施25回、1,100名以上に参加頂きました。  
しかし現在、コロナ禍においては外出企画を打ち出すことができず、本年2月の餅つき&原木椎茸狩りのイベントを最後に年度内企画中止、4月以降予定していた活動もこの状況が落ち着くまで延期せざるを得ないこととなりました。ご家族に寄り添う活動を諦めてはならない、何らかの形で家族に寄り添うことを考えようということで、オンライン(ZOOMを利用)で家族に非接触の形でお会いし、会話し、ミニコンサートを届けることを開始。5月より始めたこの活動は、月に1回午前・午後の部とし、合計23家族と1施設、83名の参加者となっております。4番目の活動として継続する予定です。そして、ご家族からの強い要望に対して寄り添う活動を5つ目の活動として位置づけようとしています。以前も団体として経験を持つのですが、このコロナ禍において2組のご家族から要望を頂きました。いずれも重い病気と闘い、限りある命の中で残された時間を少しでも充実させたいというものです。 
東京神田ロータリークラブのご寄付によって実施致しましたホームコンサートを写真とともにご報告致します。9月にお子さんが大好きであった電車に乗せてあげたいとの要望があり実施に向けて準備して参りましたが、実施前日にお子さんが高熱を出し1週間延期となり、延期した当日も朝の時点で、やはりコンデションが整わないとの連絡があり延期、そして3度目も同じく実施することができませんでした。日々進行する病に諦めざるを得ないのかと。そこで、外出は諦め、ホームコンサートを提案したところ、親御さんが大変喜んでくださり実施する運びとなりました。ハロウィンに近いということで、提案当日よりお母さまがお子さんのために部屋を飾り付けたことを、担当看護師より聞かされました。専門的知識のない我々にとっては、ただただその日を迎えることができることを祈るばかり。 
そして10月26日当日、コロナ禍でご親戚、お子さんの友達とも会うことが叶わない中、お父さんがオンラインでお子さんと共にコンサートをみなで楽しもうと、準備頂いておりました。演奏は、親子はねやすめの活動をよく理解いただいている、クラリネット奏者の田中正敏氏と教え子である添石紗静さん。お子さんが好きだった曲を含めて、40分の演奏を届けることができました。
東京神田ロータリークラブの皆様のお力をお借りしご家族のご希望に答えることができました。心より感謝申し上げます。引き続きご声援のほどよろしくお願い申し上げます。

|

« 「 米山月間に因んで 」 | トップページ