« 2021年4月 | トップページ

2021年7月 6日 (火)

「出逢い・感謝 ボクシングのおかげで」

6月11日卓話要旨
JBC試合役員会会長・レフリー  吉田 和敏 氏
(東京足立ロータリークラブ)

2021611
   本日はお招きありがとうございます。伝統ある格調高い東京神田RCで自分の思いを伝えられる場を頂き本当に幸せです。レフリーの服装で参りましたが、正確には少し違います。まずはシャツ、昔の青いユニフォームで来ました。そして靴、レフリーも選手と同じゴム底のリングシューズです。レフリーは黒子なので黒が良いです。選手が接触して怪我をしてしまうかもしれませんので、金属類を身に着けてリングには上がれません。眼鏡も結婚指輪もダメです。本日はボクシング現役時代の話しをしたいと思います。
高校生の時は何を隠そう呼び出し第一号、何となく学校に行きたくなくて、何日もサボり両親に心配をかけました。国学院大学に入学後、もう一度運動部に入ろうと選んだのは親父曰く何の役にも立たないボクシング部でした。
2年生まで勝てず一大奮起、スタミナとパワーは他人より勝っていたので走ることを決断し、一日30㎞、雨の日も台風の日も休まず走りこみました。親友との出会いもありました。褒め上手の九州男児、彼のお陰で自信が付きました。3年生の決勝戦、当時アマチュアの試合はヘッドギアなどを付けておらず、下顎と左横顎を骨折しながらも優勝。優勝する姿をどうしても見せたかった親父は満足そうな嬉しそうな最高の笑顔をしていました。3年生の秋にはキャプテンになりました。両親のモットーである率先垂範、誰よりも練習して皆を引っ張りました。4年生、決勝戦の相手は赤門パワーと呼ばれスポーツが強かった東大の早稲田選手。対決の前、通っていた簿記学校の欠席届に親父が「これは一番縁起がいい判子なんだぞ」と言いながら押してくれたことは、今も忘れられません。
卒業後、一度は企業に就職するも、自分の可能性に挑んでみたいと、プロボクサーになることを決め、配属されたファミリーレストランの仕事の前後、早朝深夜に再び走り始めました。けれどプロで成功するにはどうしても無理でした。規則正しい生活リズムが必要だったのです。親父の勧めで実家に戻り、名門の帝拳ジムに入門。但し25歳までという条件付きです。ここには、故 大場政夫さん、そして、彼を母親のように厳しく温かく育て上げたマネージャー長野ハルさんがいました。皆から親しみを込めて「お姉さん」と呼ばれていた彼女のことをボクシング界で知らない人は一人もいません。お姉さんはプロになった私のマネージャーでもありました。デビュー戦、ボクシングの聖地、後楽園ホールに50人以上が応援に駆けつけてくれました。しかし、僅か1分46秒でノックアウト。その時、お姉さんに言われた「今日はなかったことにしましょう」の一言にどんなに救われたかわかりません。恩師宮崎先生の「吉田君、逆境にあった時、本当の人間性がわかるんだよ」との言葉に気づくと大粒の涙をいっぱい落としていました。ところが、人間て弱いんですよね。次第に走るのをやめ、ジムに行かず上野界隈をブラブラしては一杯やって家に帰ることも。  
そんなある朝、お袋が襖を開けて大きな声で「走らないのか。負けたままで悔しくないのか」と。私はこの一言で生まれ変わりました。そして屈辱の敗戦から8カ月後、プロ第2戦目で勝利。親父は大学時代と同じ最高の笑顔をしていました。東日本新人王は準々決勝まで進んでいましたが、0対2の判定負けでした。もし勝っていたらボクシングを続けていたかもしれません。
その後、分かったことがあります。あの朝お袋が厳しく𠮟りつけたのは、ボクシングで得た自信や信念をボクシングで失わせてはいけないという親心だったと。今は心底感謝しています。そして、ボクシングに対する感謝の気持ちを込めて、JBCレフリーとしてリングに立っています。レフリーが試合前、選手をリングの中央に集めて何を話しているのか知っていますか。
決まり文句はありません。細かい注意は耳に入りませんから、大切にしている気持ちを言います。「JBCルールを守って、ベストを尽くして、悔いを残さないように、頑張って」今、一番の楽しみは出会った人達をボクシングに招待する“ボクシングとファミレスの夕べ”です。後楽園ホールとファミリーレストランで共有する時間は至福の時です。
最後に、大好きな相田みつをの言葉から「ひとの世のしあわせは、人と人とが逢うことからからはじまる よき出逢いを」。ありがとうございました。

|

「建築家を上手に活用する術」

4月22日卓話要旨
(株)インテグレーティッド デザイン アソシエイツ 

代表 矢田 康順 氏   (山路 熟会員紹介)
  本日は、私が経験した事例を通してお話しさせて頂く事で建築家や日本の建築への理解を深めて頂いて、皆様と一緒により良い街づくりや国づくりに役立てばと思っております。建築家の仕事は、施主からの依頼に厳しい枠組みや条件があればあるほど、それを乗り越えようと情熱を燃やし、何が一番施主にとって良いのかを解いていくことだと考えています。
 まずは御殿山の原美術館です。「戸建住宅の持つ良さを持った集合住宅が出来たら褒めてやる」と言われて挑戦しました。各住戸のベッドルームの上に他人のリビングが来ないよう階層を組み合わせて隣人からの音の問題を排除しつつ、各住戸が庭を持てる案を提示して喜ばれました。普通なら5棟の建売だったものを上に複雑に積層させることで、都市住宅への1つの回答としました。
 二番目は軽井沢に建つ漆芸家のお宅。都心に住みながらアトリエとして、また冬場は住み込みで利用し、いずれは終の棲家にしたいとのこと。作家としての創作空間と同時に家族や周辺の人たちとの交流を自然環境の中でどうやって融合できるか。私の回答は二つの少しズレた正方形プランの重なる部分に、個人の空間とは別に家族の共用部分を設けました。また、全ての扉を完全開放可能とし、中央の家族領域が個人・自然のどちらの領域にも属せるように計画しました。
 三番目はイギリスのロイズ保険会社です。150年はもつように、又、フレキシブル、且つ、維持管理を簡単にという要求に、当時ボスだったリチャード・ロジャース卿と取り組みました。内部空間は将来もフレキシブルに変化可能な単純な長方形。一番の特徴は、トイレ・非常用階段・エレベーターが各階の全て外側に塔状にあること。これにより20~30年で劣化し、交換必要な設備は執務空間に影響なく取り替えられます。40年以上前の建物ですが、今なお、先端技術の空調設備やユニークな新工法による吹き抜け空間が健在です。
 もう一つユニークなのがディズニー本社です。何もないフロリダ・オーランドの湿原地帯に、新しい文化と歴史が欲しい、ディズニーのキャラクターを使うこと、という二つの課題でした。当時ボスだった磯崎新の回答はオーランドは太陽の恵みだけは世界一と、世界最大の円錐型日時計を持ち込んだこと、その時刻は米国NASAで解析された精密なものです。そして素晴らしいことに、ディズニーキャラクターで一番有名なミッキーマウスの耳型を、建物の中心であるエントランスの庇にオマージュ(敬意)として持ち込みました。
 次は湯布院の駅舎です。通過点としての駅ではなく情報発信の地、一方、町は観光の俗化を排して住民参加型の文化施設をとの要求でした。そこで、駅舎を美術館にすることを提案。駅舎から言えば待合、町から考えれば美術館という文化施設。それらを上手く混在させることで、町民も喜び、旅行者も30分に1本の電車の“待ち時間”に地域文化に触れあえると、村おこしとしても全国的にも有名になりました。
 次に熊野本宮大社の瑞鳳殿です。台風被害で二度も川の氾濫による水害を受けていましたが、防壁は作りたくないとのこと。ならば、どのように水を被らずに逃がすかと考え、絶対に水に浸かってはならない物から浸かっても被害が少ない物まで、施設を高低レベル的に3つに分けて計画。これにより、一部、空中に浮いた施設の下は消防水利(消防団の為の池)の水遊びができる浅い水盤としました。結果、参拝者の憩いの場となっています。
続いて南方熊楠の資料博物館です。施主の要求は地場産の木材を使い、且つ、隣接する熊楠の住居とどう関わり開かれたものにするかというもの。木造建築に必要な耐力壁は従来の工法では壁を完璧な塊にするため閉鎖的になります。そこで、日本の伝統工法である“貫”を新しい形の”貫壁“として採用。数々の試験を経て耐力壁として認められ、失われつつある伝統を新しい表現として伝承させました。
技術を追求した結果、施主が求めるものが回答として出てくるのが一番の楽しみです。それをデザイナーとして美術的・芸術的に収めていきます。
その他の近作においてもアップル福岡では米国アップル社らしさの中に日本の美意識や伝統を組み込んだり、進行中のアイルランド大使館(東京)では日本とアイルランド国の架け橋になるような要素を組み入れた建築を模索中です。施主の厳しい依頼にどのように応えていくかが建築家の喜びかと思います。

|

「職業奉仕について」

4月15日卓話要旨
地区職業奉仕委員長 比留間 孝司 氏
(東京武蔵村山ロータリークラブ)

2021415
本日は伝統ある東京神田RCで卓話の機会を頂戴しましたこと御礼申し上げます。職業奉仕月間にちなんで、本来は昨年4月に地区研修協議会の部門別セミナーにて委員長として話す予定でいた内容を、少し膨らませつつお話ししたいと思います。
職業奉仕では、各人の職業倫理の向上、価値のある職業は相互に尊重すること、そして、各クラブにおいて、各人の職業上の手腕を社会に向けて発揮するためのプログラム・プロジェクトと会員の積極的な参加、という三つのポイントが挙げられます。  
まず申し上げたいのは、クラブの会員卓話やクラブフォーラムで積極的にご自身の職業のあり様を語って頂き、職業人としてのあり方を考える機会を持って頂きたい、ということです。
私自身を振り返ると司法書士という仕事柄、異業種交流会等にも参加しました。それはもちろん有意義でしたが、ただ、自分の心の奥に沈んでいるものをぐいっと引っ張り上げて自分のあり様を考えるような機会にはなりませんでした。
一方、ロータリーならではの「親睦」が私を鍛え育てくれたのではないかと思っています。米山梅吉翁は「ロータリーは人生の道場だ」と、又、パストガバナーはじめ諸先輩方は「例会は忙しい職業人が集まって一定の時間同じ空間を共有する、そこから得る something がある」と、仰っていました。
数年前、地区米山委員長を務めて以来、学友たちとはその後も交流の機会を持っていますが、香港の衛星テレビの東京支局長を経て大学の教鞭をとっている方曰く「自分にとってロータリーとは何だったのか。最近思うのは、限られた時間と空間の中に様々な職業観、社会観、人生観が凝縮されていること。その空間と時間が温和に反復継続されていくことで、そこにある職業観、社会観、人生観が研ぎ澄まされて深くなっていく。こういったものは案外あるように思えて他に無い。色々な人と話し、話を聞かせて頂いたこと。それがジャーナリストとして、教育者研究者としての自分の基盤を築いてくれた。」これはまさにロータリーにおいて
 職業が磨かれるということが、広く普遍性を持っているということだと思われます。
 時にロータリーの奉仕分野は一本の大きな木で語られます。根っこが親睦・会場運営・ロータリー情報も含めたクラブ奉仕。幹が職業奉仕、そこから上に伸びる枝葉が、社会奉仕・青少年奉仕・国際奉仕。一本の木の中で全てが有機的な関連を持っています。
そこで皆さんには、ご自身の立場からご自身のロータリーへの関わりやお考え、職業人でありなおかつロータリアンであることの喜びを忌憚なく語り合い、クラブ内で親睦をベースに共有して頂ければ、非常に有機的な、決して一人よがりにならず、地に足のついた血の通った職業奉仕論ができると思います。 
ポール・ハリスが著作にて引用する「インドスタンの6盲人」というエピソードがあります。これは目の不自由な方が象に触れた印象を6人6様に語ったという寓話ですが、1人1人正解であるがゆえ別の正解に気づかなかったり全体が見えなかったりすること、クラブフォーラム等で別の見方・考え方があることを積極的に受け入れ、自分自身をいかにアップデートしていくかという、今日的な課題として非常に示唆的な話です。
「各クラブにおける職業奉仕」としてまず出来るのは、そうした機会をプログラムとして各クラブで組んで頂くこと。それがスタートになるのではないかと考えています。
さて、地区委員会にはセミナー等を開催し、時代をとらえた問題提起の機会を提供する役割もあると考えています。2020年度はコロナ禍で1回でしたが、大阪の大学からお招きした社会思想学の教授にご講演頂きました。
CSR、SDGs等の今日的テーマをふまえながら、石田梅岩や石門心学からの先達の「思想」や「知恵」を取り上げ、コロナの時代だからこそ社会の困難な課題にどのような問題意識で取り組むべきか、一つの示唆を提示申し上げたつもりです。どんな状況であっても、「職業奉仕」はひきつづき私たちに無限の可能性をもたらすものと考えています。

|

« 2021年4月 | トップページ