« 「ふしぎな道のり」 | トップページ | 「ロータリーの楽しみ方」 »

2022年8月30日 (火)

「チーム改革による学生卓球グランドスラム達成秘話」

7月29日卓話要旨
前・早稲田大学卓球部総監督兼女子部監督   櫻井 茂雄 氏
(池原郁夫会員紹介)

2022729
ご紹介にありましたように早稲田大学の監督をしておりましたが、最初から強い選手を目指して卓球を始めたわけではなく、中学では野球部に所属し、関東学生野球の歴史に残る早慶六連戦をラジオで聴き、憧れて早稲田を目指すようになりました。偶然入部した卓球部で、高校から大学、実業団、ましてや母校の監督になるとは夢にも思っていませんでした。サラリーマンと卓球と二足の草鞋を履き、仕事と共通することも多々感じてきました。
まず学生スポーツの目的・意義を挙げますと、一つは個人での悩み、チームでの苦悩を仲間と共有しながらやり通したことは「人生の生きた教材」であるということ。私にとっても卓球は人生の生きた教材であり、それを通して何とかここまで来ることができて、今この場に立てていると感じています。そして「3F(Fighting-spirit、Fight-fair、Friend-ship)」これはスポーツだけでなく、社会人になってからも活きていると思います。
それから、仲間と目標を共有し、苦楽を共にし、目標を達成した際に得ることができる「感動・感激・感謝」。感動の後、何かしらこみ上げてくる感激と感謝は、誰にお世話になったではなく、周りにいる人全員に感謝したくなる気持ち。これは人生の無形資産となる体験であり、後輩たちにも味わって欲しい、そして社会に出て良い人生を送って欲しいという思いもあって、私の監督としての基本的なスタンスでした。
次に監督になった経緯ですが、総合大学のスポーツといえば男子がメイン。早稲田卓球女子は、良くて関東学生リーグの2部、部員が揃わないと5部まで落ちるという状況でした。そういう中で当時のOB会長から「男子の応援に行った時に、女子も同じ会場で試合をしているよう1部に昇格・定着させてほしい」と要望を頂きました。当時、卓球専門メーカー・(株)タマスに勤めていたことから交流のあった福原愛選手を始め、有力選手の入学が決まっており、今が1部に上がるチャンスだということ。このような選手をうまくまとめていくのは誰にでもできることではない、と先輩から強くお誘いいただき、悩みに悩みましたがお引き受けする決断を致しました。 
そして監督就任の道場開きにて「女子部の歴史を変えます。関東学生リーグの春リーグ・秋リーグ、インカレも優勝して三冠を取ります」と、当時の女子部からすると、とてつもない抱負を宣言してしまいました。部員には「監督というのは上下関係ではなく、プロジェクトチームの単なる役割であり責任者であって、青春を共にする仲間だと思ってくれ」と伝えました。目標に向かって「限界」に挑戦する姿、「希望を捨てるな、希望を失った時も努力を捨てるな!努力する者には何時かチャンスが来る!諦めたらそこが自分の限界!」だから諦めるなと伝えてスタートしました。
まずチーム改革をするには、意識から変えなくてはと思い、目標の明確化を実施。「目的(卓球をやる意義,使命,無限に達成不可能なもの)」と「目標(達成可能な具体的な数値,技術,戦術,等々)」は似て非なるもの。チーム目標は全員で一致、共有せねばならないため監督が決めるとし、道場開きでも掲げた三冠。個人目標は、時期や順位等、数値目標を明確にしステップアップできるよう選手に設定させ、期限内に達成できなかった場合は面談を行い修正していきました。
又、主将など部内人事の選任方法を改革、活性化しました。部員一人一人から意見を聞いてボトムアップしながら、監督とコーチがトップダウンで決める。自主性に任せて群れが出来てしまうなど、チームが割れてしまうのは非常にマイナスなので、これだけはやりたいと思っていました。チーム運営(組織運営)で取り組んだのは、選手の「3自(自主性,自律性,自己責任)」。「報告・連絡・相談」の徹底。又、ベクトルを合わせること。一般入試とスポーツ推薦で入った選手がおりますので、意識、技術、経歴に差がある中で、全員が優勝を目指し、チーム目標へいかに持っていくかという事を大切にしました。
卒業部員には、生涯で悲しみの涙は誰でも体験するが仲間との3感の涙は滅多に無く、お金で買えない貴重な体験だと伝えて送り出しておりました。
以上、皆様に何か参考になれば幸いです。

|

« 「ふしぎな道のり」 | トップページ | 「ロータリーの楽しみ方」 »